しばられない生き方 なぜtwitterをやっているのか?なぜ毎日満員電車に乗らなければならないのか?なぜ毎日決められた時間に決められた会社へ行かなければならないのか?この本、良いです。本当に、どんなことでも常識を疑うことが大切なんです。今や大企業でも倒産する時代でしょ?終身雇用、年功序列なんてとっくになくなった。年金支給開始も68〜78歳に繰り上げられる…この本が自由に生きるヒントとなると思う。おすすめ★★★★☆

朝起きてから夜寝るまでの間に、自分が本当にしたいことをしていればその人は成功者だ!
ーボブ・ディラン
あなたは時間に縛られている。だから、他人の人生を生きて時間を無駄にしてはいけない。
世間の常識にとらわれてはいけない。
それは、他人の人生に従って生きることになるのだから。
他人の意見に惑わされることなく、自分の内なる声をかき消したりすることがないように。
ースティーブン・ジョブズ

  1. 常識にしばられるな常識とは他人が作ったもの
  2. なりたい自分、やってみたい生活を想像することがハッピーなライフスタイルへの第一歩
  3. 「時間の制約が強い」「会社都合で転勤が多い」会社は避ける
  4. 「電車に乗りたくない」「定時出勤したくない」「ネクタイはしたくない」など願望をリスト化してみる。すると制約から解放される方法が見えてくる
  5. 自分に足りないことを埋める努力をする
  6. 外部からの要因に強制される生活ではなく自発的な生活をする
  7. 自由に生きたいと思うならば、他人からどう思われてもいい
  8. 周りを気にしたり、他人をうらやましがってはダメ。自分が楽しく生きるにはどうすべきかを考えよ
  9. 人生には何かに焦点を合わせて、徹底的に頑張る時期が必要
  10. 成果を出すためには「締め切りをつくる」「時間割をつくる」ことが大事
  11. これからの時代はバブルと違い右肩下がりの計画を立てる
  12. 20代は将来どんなライフスタイルを送りたいのかイメージしがむしゃらに働け

7つの制約にしばられない生き方