日記

日本は30年くらいずっとデフレで、物価が安くて、フィリピンみたいになりつつあるって、いろんな記事で言われてるけど、今日は、参考までにニューヨーク一蘭と東京一蘭の値段を比べてみた。

ニューヨークの一蘭で、豚骨ラーメン ($19) と替え玉 ($4) とコカコーラ ($3) を頼んだら。税込で約28ドル。現在のドル円相場で約3000円。

で、おそらく東京の一蘭で同じものを注文すると、豚骨ラーメン (980円) 替え玉 (210円) コカコーラ (200円) と予想されるので、税込みで約1500円と、実にニューヨークの半額でラーメンを楽しむことができる。

これ、オレの感覚では、日本食全般そう。ラーメン、寿司、蕎麦、カレー全部そう。ニューヨークの日本食を日本で食べられる価格と比べてみると、おそらく全て2倍以上する。日本食に限らず食全般そうなっているとおもう。

となると、単純計算で、ニューヨークの食費は日本の食費の2倍とみて間違いない。

食だけじゃなく、美容室、マッサージ、家賃全てが日本のそれより2倍くらいするんじゃないか?

そこから、日本は物価が安い。給料上がらない。30年続くデフレが悪化している。もうフィリピンとそんなに変わらない。とみてとれるだろう。そうなると、国際競争力とか落ちていくんだろうなきっと。政治家何やっているんだろう?