日記man in black long sleeved shirt and woman in black dress

2022年1月に8歳年下の子と結婚することになりました。2010年にタカブロをはじめて12年目でようやく、読者の皆様に結婚報告をすることができました。

これまで全く結婚する気はなかったけど、一般的に言われているように、やはり結婚は「流れ」と「タイミング」なんですね。

自分から探しても見つからないし、自分から追っかけたら逃げていくもの。普通に生きていたら、勝手に向こうからやって来るものだと思います。

今日は、オイラの思う日本人の結婚感について思ったことを色々と書いていこうと思います。

2人に1人が生涯独身時代突入

マジョリティになりたくなかった。これからの時代、生涯独身が多すぎ!50%は言い過ぎだけど、この先限りなく生涯独身率が50%に近づく。

周りの友達にも「私は結婚しない」「自由に生きていくんだ」って公言している人がいるけど、これからの時代は独身であることは「結婚しない」のではなく「結婚できない人」の大量発生の時代であり、ダサいという認識。

そう考えるとこれまで100%近くが結婚していた時代には「オレは結婚しない」って宣言している人が尖っていて、自由でカッコよくもあったけど、これからの時代は「結婚できない」が普通の時代に突入していくので、あまりかっこよくない。だから、せめて一度くらいは結婚した方がいいとおもう。

40歳を超えて独身は変人扱い

最近、周りにいる人を観察していて、40歳過ぎて一度も結婚できない人間がうじゃうじゃいて、これが時代かよと思っちゃう。「40際を過ぎて一度も結婚したことのない人って何かあるんだろうね。」と思われても仕方がない。そういう奴に限って、性格悪かったり、キモかったりする。せめて40過ぎたらバツイチくらいは付いていないとカッコ悪い。

2人で支え合うことは悪くない

1年間の同棲生活を得て結婚することにしたが、やっぱり、2人で生活する方が1人で生きていくよりも人生は2倍楽しいのかもしれない。

規模の経済が働くのか、生活も以前より少し楽に感じる。食費とか家賃とか2人で協力して払っていくし、助けが必要な時は支え合って生きていけばいい。

壁の中で人を愛せ

アニメ『進撃の巨人』を観ていて、3期58話で、グリシャが「壁の中で人を愛せ。それができなければ繰り返すだけだ。同じ過ちを。」のセリフがなんとなく心に響いて、結婚を考えるようになったのかもしれない。

結婚相手の条件は年収1000万円以上

日本を出てよかったと思うことの一つに、とくに東京の女性は荒んでいると思う。「結婚相手の条件は年収1000万円以上」とか「シャネルのバックが欲しい」という考え方を持つ女が多いのが良くない。そんなに稼ぐ男は全体の数パーセントの男性だし、誰もブランド好きの女と結婚したくない。

オイラみたいに貯金もゼロ、収入も最低賃金でも、そんなオイラにでもついて行きますっていう女性に男は惚れるんだと思う。そんな女性、日本には減ったよね。田舎の方に行くと少しはいるのかな?

なにわともあれ無事結婚出来でよかった。これからは温かい家庭を2人で築きながら生きていこうと思う。2022もTAKABLOをよろしくおねがいします。