日記

現在シャープのリストらが進む中、セブンアンドアイホールディングス傘下のイトーヨーカドーでは従業員を契約社員にして人件費を大幅にカットしないとやっていけない現状。(セブンアンドアイホールディングス…見損なったぜ。)そんな卑劣な環境で働く若者の離職率も問題となり、厚生労働省は若者が入社してからの離職率を産業別と企業別に公表すよ方針を決めた。どーなるんだニッポン!

『エコノミスト』誌は予測する

2050年、日本は平均年齢が50歳を超え世界が経験したことがない老齢国家となっている。そして、購買力平価で見た、一人当たりのGDPは中国とほぼ同じで、イタリアよりちょっと下で、アメリカや韓国の半分程度である。英『エコノミスト』編集部.

2050年、オイラが67歳なっている頃の日本ってそんなにレベル落ちるのか!?GDPが韓国の半分くらいになるという。ヤバイな。

確実に経済衰退する

リーマンショック以降の世界同時不況。現在「100年に一度の不況」のせいにされている現象の多くが、実は景気循環とは関係ないところで、このような住民の加齢によって起きている。今起きているのは日本始まって以来の、「二千年に一度」の生産年齢 “人口減少” なのです。引用元:デフレの正体

2100年には東京の人口が現在の約半分になる。ちなみに、高齢者の割合がピークになるのはオイラが67歳になる2050年!ブログ

今、日本はバブル崩壊から20年以上。失われた20年といわれています。そして今また、このままでは、失われる10年が始まります。雇用問題、暮らしの現実、大変です。家庭資産ゼロの人も、およそ29%います。貯金ゼロの人です。生活が苦しいといっている人も62%がいます。不安社会のまたまたの始まりです。だから、いままた「失われる10年の始まり」と、言われるのです。私たちは、これを傍観してはいけません。すすむ心で、勇気をもって、そして元気に!引用元: 笑うシニア商会.

生き残るために「攻めの履歴書」

まさにサバイバルですよ。生き残るためのアドバイス。企業は求人広告では労働時間や待遇などほとんど嘘を書いているわけです。また、リクナビなんかに求人を載せる企業ってのは80%ブラックだと思う。もうブラックだと言われようが、企業側は卑劣な環境で従業員をこき使わないと会社の存続に関わるからしょうがないんです。…ってことは若者も存続をかけて「履歴書を2割増にする!」これがこれからの常識だと思います。

TOEICの点数が400点しかなければ600点と書いてもいいし700点と書いてもいいんです。誰も調べないから。あとで少しずつ点数を上げればいい。前の職業を3ヶ月で辞めたのなら3年や5年で辞めたと書けばいい。嘘ついてもあなたが生き残れればそれでいい。これが俺の提案する「攻めの履歴書」です。バレたらバレタで構わない。2割増し3割増しなんて当たり前!そうでもしないと生き残れないよ。求人詳細のほとんどが嘘なんだから、こっちもちょっとくらい嘘ついたっていいでしょ?以上。