警視庁警察官の試験に落ちて12/15から就職活動をスタートしたタカポン。2月になってようやく働ける!今年のお正月は本当に不安だらけだった。リクナビNEXTでは転職している人は平均で20社応募しているとあり、写真(右上)のように赤い人間マークが左から右(ゴール)まで走る仕組みだ。タカポンの応募した数はトータルで35社。なので、人間マークもずっとゴール付近で足踏み状態だった。結果として、その中で面接まで進めた会社がなんとか6社。そして、ようやく1社から内定をもらえた。…やっぱり仕事を探すってもの凄く大変なことだと思ったよ。

ハローワークは使えない!

今回はリクナビネクストだけを使って就活。服飾専門学校卒業後の2010年にも就職活動をしたことがある。その時はハローワークをメインに就活していた。トータルで100社は応募したと思うが、1つも内定がもらえなかった。ハローワークにある求人は職員に連絡をとってもらったり、色々と手続きが大変。ハローワークには人も多く、行くだけで疲れる。そして、求人に出されている多くはリクナビに求人広告を搭載するゆとりのない小さな会社だ。小さな会社が悪いわけではない。しかし、その中から優良企業を見つけ出すことの方がずっと大変だ。また、自分みたいな社会経験のない人材を育てるゆとりもないだろう。当時は、厚労省のトライアル雇用制度も積極的に応募してみたが全くダメだった。本当に使えない制度だと思った。

リクナビNEXTだけを使え!

社会人経験のない若輩者の私でもリクナビNEXTを通して100社でも応募したら仕事は見つかるだろうと思い、今回はリクナビだけを信じて就活した。「はたらいく」「マイナビ」色んな転職サイトがあるが、とにかく「リクナビネクスト」だけを信じて応募してみた。ちなみに「リクナビネクスト」は中途採用サイトであってオイラみたいに新卒者に合う求人はなかなか見つからない。それでも「未経験者歓迎」にチェックしてリクナビネクスト上で仕事を探すことをみんなにはすすめたい。Webなので応募者はどっと集まり倍率も大変だがリクナビネクストがいい。