一体どんな人に適した資格なの?幅広い職場で役立つオフィススペシャリスト検定試験。特に、こんな人におすすめです。

現在求職中の方

すぐに職が決まるわけではありません。現在の不況では半年や一年、平気で職が決まらないことだって考えられます。そのような場合も想定し、公共の職業訓練などを利用して少しずつステップアップするのも良いかもしれません。MOS検定を持っていることは大きなプラスです。最近のハローワークの求人を見ていると、WordとExcelが使えないのであればエントリーさえできない求人がほとんどです。

大学生の方

大学生は論文を作成する際に必ずWordを使うでしょう。実際に使ってみると何となく使えるからわざわざ資格まで取らなくても良いかな。と、思いがちですが。現代では、新卒の就職活動でもWordやExcelを使えることが当たり前になっています。従って、大学の早い時期にWordとExcelのスペシャリストくらいは取得しておきましょう。そうすると、論文の作成もより効率的に仕上げることができると思います。
PR エクセルのスクールを探す

社会人の方

給料が上がるわけではありませんし、Officeもある程度使えるので私には必要ない。などと言わずに自分を見つめ直してみてはいかがでしょうか。レポートのまとめ・分析・プレゼンテーションの機会も多い社会人の方々、その際には特にExcelの基礎がしっかりしているととても役に立ちます。また、もっと仕事を効率よくこなすという意味でも非常に価値が大きい資格だと思います。