スケジュール管理はマンスリータイプかウィークリータイプか?

スケジュール管理はマンスリータイプかウィークリータイプか?

オイラは、スケジュール管理が下手くそだ。だから、いつもどうやって上手く管理できるか、どのタイプの手帳が自分に合っているのか、どのサイズがいいのか、今風にスマートフォンで管理する方がいいのか?と、色々と考えている。

オイラの父親は何十年もポケットサイズのウィークリータイプの普通の手帳に常に細かくスケジュールや日誌をつけているのを見て、本当に親子でこうも違うのかと驚かされる。自分には、あそこまで細かくその日あった出来事やスケジュールを細かく管理できない。

今のところは、オイラに一番合った手帳は大ざっぱに管理できるマンスリータイプで、できるだけ書き込みのできる大きいサイズのものだと思う。モレスキンのサイズでいうとエクストララージくらいの大きさのマンスリータイプのものが個人的には一番使いやすそう。

Moleskine Monthly Notebook

ただ、マンスリータイプの手帳の問題点は、企画会議などのミーティングが1日のうちに2件3件あるような時間単位で細かく行動しなければいけない奴隷のような仕事タイプには記入欄が小さ過ぎるので、必ず限界がくる。

オイラがアダルトビデオ制作会社で働いていたときは、1日のうちに女優様面接、現場パケ撮影、企画会議、プラス2週間毎に発売される作品の締め切りと、1日のスケジュール管理が細かいのでマンスリータイプではスケジュールが書き込みきれなかった覚えがあるので、そういった働き方を求められる仕事の場合は、見開き1週間の時間軸バーチカルの手帳がオススメだ。

Moleskine Weekly Notebook

ただ、オイラは、個人的には見開きマンスリータイプでスケジュールを管理するのが好きだし、月間スケジュールと週間スケジュールと、あっちこっち記入していると、スケジュールを見逃しがちなので、そのときの経験を振り返ってみて、オイラに合っている手帳は、今思うと、マンスリータイプのエクストララージだという結論に達した。

Moleskine Monthly Notebook, Extra Large

ただ、一般的には、そのとき会社の先輩方の多くは、モレスキンでいうところのラージサイズくらいの大きさでウィークリータイプのものを使っていた覚えがある。

9時:採用面接、11時:パケ撮影、3時企画会議など、時間軸で動く奴隷のような働き方と違って、締め切りはあるが、1日の時間を自分で自由に使えるような働き方の場合は、全体を見渡しながら締め切りに集中できるマンスリータイプがオススメ。

反対に、1日のスケジュールが細かく決められている働き方の場合は、書き込み量が多くなるので、どうしてもウィークリータイプのスペースが必要になってくる。

最近のできるビジネスマンのトレンドは、手帳とGoogleカレンダーやgTasksアプリなどスマホとの二刀流がトレンドのようだが、個人的には、やっぱり見逃しのないように、全て一箇所で管理したいところ。

まとめると、全てをひっくるめて、個人的にはマンスリータイプの大きめの手帳がいいのかな?って結論に達した。モレスキンのマンスリータイプ、エクストララージサイズが理想かな。みんなはどう?…

ブログで1日1杯のコーヒー代くらいは稼ぐということ
Instagramの人気が減少傾向!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Follow on Twetter !
No Comments