グラマシーで見つけた24hオープンのフランス料理のレストラン L’Express

グラマシーで見つけた24hオープンのフランス料理のレストラン L’Express

ニューヨークには4年いるが、ここグラマシーで夜に食事をするのはこれがはじめて。友達が観光で来ていたので、それをきっかけにグラマシーデビューしたが、いつもとなり街のイーストビレッジを我が物顔で食べ歩いていたのとは大違いで、ここは、お金持ちが夜を楽しむための街だった。

グラマシーの Gramercy Tavern ってレストランに最初は行きたいという友達。観光だからと、常に高級店に連れて行く友達。グーグルマップを頼りに店へ案内する友達にただ付いて行った。…「なぁんだ、イーストビレッジのすぐ近くじゃないかよ。」と安心していたら、店の前に着いてびっくり、客は全員白人。それも男子はスーツ、女子はドレスと正装をしている。なんじゃこりゃ。こんなとに来るなんて聞いてないよ。この夜のグラマシーでは、ジーパンを履いて、スポーツウェアを着て、バックパックを背負ったアジア人2人組は、完全に場違いだった。

それでも、観光で来ていた友達は、全く気にすることなく Gramercy Tavern にズカズカと入っていこうとするが、まぁ、オイラは尻込みしたよね。TPOをわきまえてっていうか、オイラのような身分の者が入っちゃいけない気がしたんだ。日本って「ビーサンにTシャツ短パンで銀座の寿司屋行ってきました。どうだ、カッコイイだろ?」的な感覚があるけど、こっちじゃそれは通用しない。実際に Gramercy Taver はジャケットを推奨しているようだ。

Main Dining Room – Business Casual
(Jacket suggested, but not required)
– www.gramercytavern.com

そして、友達がメートルディに2人と伝えると、「1時間半待ち」と言うじゃないか。アジア人だからか?と被害者妄想も一瞬よぎったが、高そうな店だし、ホッとした。それだけ人気な店なんだろう。

めちゃくちゃお腹が空いていたオイラ達は、 Gramercy Tavern はあきらめて、近所で適当にレストランを探すも、どこも敷居が高そうで、オイラは何度も尻込みした。だって、正装の白人だらけのところにバックパックを背負ったアジア人2人組が入って行けないだろ?

白人だらけの店を見ると尻込みするオイラに「白人アレルギー治せ」と、友達は苛立っていたが、普通 Gramercy Tavern レベルの店に入るときは、ニューヨークでは男性はジーパン履いてもいいけど最低でも襟付きシャツは常識だろう。女性はヒールかな。その時はどんな店なのか聞かされておらず、全くリサーチもせず、ただ付いて行ったオイラも悪いが、ジーパンにスポーツウェア、それにバックパックじゃ入っちゃいけないような店ばかりだ。オイラが正しい。ニューヨークは日本より意外とTPOに厳しいところなのだ。正装は、しっかりした料理を提供する店への最低限の敬意の現れなんだろうね。きっと。

それに、アジア人しか住んでいない日本と違って人種のサラダボールニューヨークでは、地域地域によって人種が住み分ける。オイラの住んでいる地域のブルックリンは黒人が90%、アストリアはヒスパニック系が80%、アッパーイーストサイドは白人がほとんど、ジューイッシュしか住んでいない地域なんてのもある。そして、今回行ったグラマシーはまさに白人様の地域なんだと思う。

ちなみに、友達が行きたかった Gramercy Tavern だが、ウェブサイトによると、「チップを頂かない宣言!」をしている。昔、ミッドタウンの高級寿司屋でアルバイトをしていたときも、その店は「チップを頂かない宣言」をしていたが、大体「チップを頂かない宣言」をするレストランってのは客単価最低$100だ。$100じゃお腹いっぱいにならないだろうし、ちょっといいのを頼むと、成人男性だと1人$200くらいいっちゃうだろう。単価が高いとチップに20%も払うのがバカバカしくなるんだよね。だから、高級寿司店もそう Gramercy Tavern もそう。たぶん、料理がめちゃくちゃ高かったんだろうね。

Gramercy Tavern  http://bit.ly/2n95AnH

L’Express – French Restaurant

で、近所にあったオイラでもなんとか尻込みせずに入られそうなカジュアルな店を探していたら L’express を見つけた。この店がけっこう当たりだった。あとでググったらフランス料理を出している店ってことがわかって、しかも24時間オープンだ。ちょっと高級なフランス料理ダイナーといったところか。通りでオイラでも入りやすかったわけだ。

先ずはビールで乾杯。フランスだからか、ビールのグラスもオシャレ。

前菜にクリーミーなスープ。美味しゅうございました。

メインディッシュはステーキとパスタを。僕たちは、アジア人なので、この2つをシェアして食べたけど、ここ個人主義のアメリカではメインディッシュをシェアするって文化がない。80%の人は、ステーキを頼んだらステーキを。パスタを頼んだらパスタを完食する。隣の2人組のマダムなんて30個くらい入っていたムール貝の料理を一緒に来ていた友達に一切あげることなく1人で完食していた。やっぱり個人主義ってカッコイイ。アジア人みたいに一つの料理を箸でつつき合うって文化がないのだ。

で、こちらがデザート。美味しゅうございました。L’Express おすすめです。

L’Express  http://bit.ly/2mKY41e

ニューヨークスノーストームの一日に温暖化について考えるブログ
グッゲンハイム 美術館に行ってきました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Follow on Twetter !
No Comments