3月から手帳をマンスリータイプに切り替えてみる

モレスキンウィークリープランナーポケットタイプだと、スケジュールの先の予定に気を配りにくいので、マンスリータイプのものに3月から切り替えることにしました。 マンスリータイプだと、大学の次のセメスターの登録時期や、試験のスケジュール、支払い期限などが把握しやすいです。仕事用に使う場合でも、納期や締め切り、企画ミーティングなど進行を把握しやすいと思います。だから、やっぱ手帳はマンスリータイプにがいいかなと思ったんです。 以前マンスリータイプにを挫折したのは2010年のある会社で少しだけ働いてみたときのこと。その時は、マンスリータイプのポケットサイズを使用していたんだけど、仕事だと、マンスリータイプで納期を把握するのは便利だったけど、1日のスケジュールがぎっしりで、とてもマンスリータイプのポケットサイズには書ききれなくなるんだ。そういった、忙しくて、変則的なスケジュールの仕事の場合はね。 で、これはやばいと思って、デカイマンスリータイプや多くの人が使っているウィークリープランナーのラージサイズなどいろいろと試してみたんだ。手帳管理は苦手なので。 そして気付いたのは、手帳はデカイと使いやすいけど、ポータビリティにかけるのと、保管するのにも小さい方がいい感じなんだ。手帳ってそのときのスケジュール管理も大切だけど、過去を振り返ることも大切だからね。 また過去の過ちを繰り返すかのごとく2010年に使っていたモレスキン、マンスリータイプ、ポケットサイズに落ち着いたんだけど、あの時管理できなかったその日の予定や一週間の予定は、より使いやすくなったグーグルカレンダーを利用して、スマホで管理しようと思う。 Sent from my iPhone

てしご◯や ニューヨーク 閉店。レストランビジネスの難しさ。

オイラがバイトでお世話になっていた、ニューヨークにある日本食レストラン「 てしごとや ニューヨーク 」が閉店することになった。やはり、本場ニューヨーカーの舌は厳しかった。ここでは、これからニューヨークに進出する日本食レストランオーナーの皆様の助けになればと、失敗の原因を分析していこうと思う。

NYCレストランアルバイトの口コミ・評判!働きやすかったレストランは?

ニューヨークでレストランのアルバイトを探すには、この限られた情報の中から色んなレストランで実際に働いたり、留学生ネットワークで情報のやり取りをしながらいいレストランを探すしかないのが現状だ。今日はそんな手助けになればと、NYCレストランアルバイトの評判・口コミを書いた。

バレットジャーナル ! 自分だけの手帳のはじめ方

バレットジャーナル とは、手帳術のひとつで、1冊のノートに予定、タスク、メモを書いてしまおうという考え方。自由度が高く、誰にでも合いやすい。バレットジャーナル では、自分だけのカスタマイズにより世界に一つだけの手帳に仕上げていくことができるので、一般的な手帳にありがちな使わない機能を排除できる。

破っても元通り!無印良品のノートレビュー

無印良品のノートの紹介。ルーズリーフが嫌いだから、MUJIのノート使ってるんだけど、時々プロフェッサーが今日のアサインメントを提出しろって言ってくるんだけど、そんなとき、ルーズリーフじゃないオイラはノートを破って提出するしか無い。それが、無印良品のノートなら元に戻るんです。

ニューヨークの無印良品

前回の「文房具は無印で買う – MUJI NYC」で言った通りやっぱり無印良品の文房具がアメリカ製品より日本人に合うし、安い! MUJI Single Ring Notebook, B5 Size, 30 Pages, Set of 5 例えば、こちらのオイラが無印良品でが愛用しているノートの類似品を紀伊國屋ニューヨーク支店で探すと、   大体こちらの棚に日本の各メーカーから出された紙質やデザインと、全てにこだわった使いやすそうなノートがズラリと並んでいます。 しかし、その中の1冊を手にとって、値段を見てみてビックリ…!!   えぇぇぇっ!$6.75もするやないか!無印良品では$1.7で売ってるノートが$6.75!!やっぱりニューヨークの文具は高い。その前に、紀伊國屋ニューヨーク支店の文房具は全てがバカ高い!日本にいたときは無印良品なんかダサいって思っていたけど、ニューヨークでは無印良品って神様ですね。UNIQLOに次ぐ世界に通用するグローバルカンパニーだと思うわ。

ニューヨークアルバイト7時間で$124ドル

お疲れ様です、フライデーナイトのアルバイトを終えて、帰路に着きましたTKです。 さて、新しいレストラン初日の今日は、7時間労働で$124ドルでした。 トレーニング中はタダ働きのレストラン。時給8ドルのレストラン。9時間労働にかかわらず固定で60ドルのレストランを経験してきたオイラとしては、初日で稼いだチップの最高記録です。 こないだまで働いていたレストランは、ひどいときは時給$6.5ドルとかで、最低保証もなかった。早く帰られるのが利点で、それ以外にいいところはなかったから、今のところに移って良かったです。 本当は、前の前のお蕎麦屋さんに戻りたいんだよね。仕事は今の所よりきついけど、ランチとディナー働ければ稼げるからね。新しいレストランはランチやってないんだよ。 新しいレストランのいいところは?と聞かれたら、最低保証が$12ドル/hあり、チップが沢山入った日には、今日みたいに最低時給+αもらえることだ。お店も11:30には出られたので、かなり満足。 で、帰り道で近所に住む大学の友達にあって、その子と色々と話したり、彼女のアパートを見学せせてもらっているうちにもう2:30amになっちゃった。学校のこと、彼女のルームメイトの問題などを聞いてた。 本当に、時々思います。アルバイトでもいいから、お金だけ稼いで生きていけたらどれだけ楽だろうと。 アメリカの大学、オイラの行っているところは一応ユニバーシティなんです。アメリカ人、驚くほど勉強します。オイラ、英語のバイオロジーに付いて行くのもしんどいんです。逃げ出したくなるんです。 それでも、今までの人生でサボっていた分を取り戻すべく、再チャレンジすべく、アルバイトをしながら大学の勉強をゼロから頑張って、少しでも人生を変えていかなきゃいけないから。 では、明日も夕方からバイト2日目なので、頑張ります。おやすみなさい。

ニューヨークでアルバイト

お疲れ様です、TKです。ブログのデザインを一般的な2カラムから1カラムに変更してみました。1カラムは初めてじゃないけど、グーグルアドセンス的には2カラムの方が良かった気がする。でも、シンプルなのがすきだから当分は1カラムデザインでいきます。 …さて、今日のアルバイトをドタキャンして、面接に行ってきました。そして、運良く次の金曜日から働くところが決まった。(ニューヨークのアルバイト情報はこちら) 面接をしてくれたのは、韓国人の女性マネージャーだった。オイラは今回アメリカの大学を2ヶ月経験して、やっとアメリカの大学ってのになれてきたところ。 そして、どういったスケジュールだと学業と無理なく両立できるか考えた結果「金土日の週末だけアルバイト、平日は勉強」ってのが一番うまく行きそう。 レストランでアルバイト最高記録$834!! 先週のチップは$660 昨日のチップが$220 マンハッタンじゅうのジャパレスを転々として 超高級鮨屋で1日体験アルバイト 今日の面接で「金土のランチとディナーだけ働きたい」って伝えたら「そんなヤツどこも雇いたくない」って言われちゃって、「じゃあ、金土日は?」って言うと「みんなレストランの忙しい週末の金土日に働きたいんだ。そんなヤツ雇えない」って言われた。 そして、オイラが「I got it! Thank you.」つって、帰ろうとしたら、マネージャーが「Wait!」って言って系列店に電話してくれて、金土日だけ雇ってくれるところを紹介してもらった。 あさってから心機一転、新しいレストランでトレーニングがスタートだ。昨日まで働いていたレストランは最低保証がなかったから、昨日なんて時給計算で6ドル程度だった。週で定められた、最低賃金$7.25?以下だ。今度のところは、1日最低保証$85ドルがあるから安心。 オイラは、賃金うんぬんより、スケジュール重視。だって、レストランの時給ってどんぐりの背比べのようなものでしょ。 では、これから明日のバイオロジーの試験に向けて勉強する。日記に付き合ってくれてありがとう。またね〜

たったの5年で中国のGDPが日本の2倍に成長

今日は「やっぱり日本の経済はヤバくない?」ってはなし。名目GDP換算の日本経済が2位から2010年に中国に抜かれて3位に後退し、それからたったの5年で中国はモノを創り続けてGDPをダブルスコアで日本を離したってヤバくない?もう中国は見えないはるか上の方。。。(グラフ:世界経済のネタ帳) GDPよりGNP!? 中国は人口もむちゃくちゃ多いし、それに、国境の無くなったグローバル経済下では、GDPよりGNPで計るべきだって言われるけど、やっぱりGDPも大切でしょ。日本は完全に孤立した島国だし、所得の再分配はほとんど稼いだその国で行われるからね。 2050年、日本は平均年齢が50歳を超え世界が経験したことがない老齢国家となっている。そして、購買力平価で見た、一人当たりのGDPは中国とほぼ同じで、イタリアよりちょっと下で、アメリカや韓国の半分程度である。英『エコノミスト』編集部. 日本家電産業の崩壊も要因だな ソニー、パナソニックとかの赤字とかやばいよね。もうニューヨークじゃ日本が家電を作っているってこと知らない。車の国ってイメージ。日本の家電業界なんて自社ビルの売却とか大規模なリストラで保っているようなもん。(ソニー、旧本社ビル売却を発表 住友不動産に 14年4~6月期に譲渡益100億円)もうすぐ無くなる。

レストランの面接を受けてきた。

お疲れ様です、TKです。今日のお昼と夕方に、レストランの面接を2件受けてきた。一つの方は「今直ぐに働いて」って言われて、もう一つの方は「採用の場合だけ連絡します」だって。 もう今までに10件以上のニューヨークのレストランのアルバイト面接を受けてきたけど、大体いいマネージャーってのは即決するし、けっこう来る者拒まずで採用する人が多い。 だから、「はい、君採用、月曜から来て。」って言ってくれたマネージャーとか社長の店って、案外働きやすかったりする。適当だから。 そして、オイラは前回1週間でS屋レストランを辞めたことを後悔している。そのときは労働時間が長すぎるって思って現在働いているBレストランに移ったんだけど、やっぱり短時間で終わるレストランって稼げない。 どこもレストランって4時入りの12:30am上がりってのが多い。もう、ほとんどそうだね。だったらものすごく働きやすかったS屋レストランで働いていればよかったって思ってる。不満は労働時間の長さだけだったから。 まっ、またアルバイト始めたら連絡するわ。現在は水金土の5-10pしか働いていないからね。

日曜日の作業スペース

バイトと学校以外の空き時間は図書館にいます、TKです。さて、ニューヨークでオススメの自習場所っていうか、作業のはかどるところってどこですか?とくに日曜日に開いているところを探している。大学の図書館以外で。 先週ユニオンスクエアにある Barnes & Noble に行ったんだけど、まさかの電源の使用を禁止されていた。時代の逆を行くなぁ。それがなければ昔はいい自習場所だった。オシャレ過ぎるカフェでもダメだし、長居しやすいところね。 ちなみにオイラの平日のお気に入りはホームレスの多い Mid-Manhattan Library。ホームレスが好きなわけではないけど、この汚めのライブラリーがなぜか1番集中できる。 Mid-Manhattanっていうと、向かいにあるこっちの Stephen A. Schwarzman Building に行っちゃうひといるけど、そっちじゃない。ここは、観光客が多いし、人が多すぎるので集中できない。そもそも天井が高すぎて日本人には無理。落ち着かない。あと、現在は天井の一部が落下して、修復中のためメインスタディールームに入ることができない。 The Bean。ここはみんなパソコンを開いて遅くまで作業している。みんなかなり長居するよね。日曜日には使えそう。ただ、みんな長居するから日曜に早めに来る必要がある。 そして、最後に日曜日に自習できそうなオススメのカフェがベタだけど Pret a Manger かな。どのにある Pret を使うかで全然利便性が買わてくるけど、一応電源使えるし、人多くないし、長居できそう。先週の日曜日はここに昼から夜の9時までいたよ。

ニューヨークでアルバイトを探しています

お疲れ様です、最近XVIDE◯Sを観ても全くエ◯く感じなくなりました、TKです。さて、今日は大学の小テストも終わったので、息抜きにアルバイトの話。 一応現在もSレストランで働いているんだけど、ここにどーしようもない人間(先輩)がいるのと、全然客が来ないじゃないか。先週なんて寒いのもあったけど、1日に3組程度しか客がこなかった。だったら蕎◯屋レストランを辞めずに続けていればよかった。 このどーしようもない先輩がいるのと、客が全然来ないので、今も別のレストランを探している。前回takabloファミリーに教えてもらったM◯shimaレストランは現在ウエイターを募集していない模様。 お客様のチップが私たちの給料なんで、人気のないレストランで働くわけにはいかないんです。金曜日に別のレストランの面接だ。 なんで人気レストラン蕎◯屋からこっちのミッドタウンにあるSレストランに移ったかというと、もう暇な日なんかは9:45PMには帰れちゃうんです。常に10時には帰宅できる。だた、帰ることばかり考えてても、チップがなければどーしようもない。 あと、そのどーしようもない先輩にいちいちストレス・不満を感じるよりも、より働きやすいレストランに移るのがオイラのスタンス。所詮アルバイトなんで。 そのどーしようもない36歳の先輩、まだアルバイト4ヶ月目なのに人を顎で使うタイプなんだよね。胸ぐら掴んでどついたろかな?