破っても元通り!無印良品のノートレビュー

無印良品のノートの紹介。ルーズリーフが嫌いだから、MUJIのノート使ってるんだけど、時々プロフェッサーが今日のアサインメントを提出しろって言ってくるんだけど、そんなとき、ルーズリーフじゃないオイラはノートを破って提出するしか無い。それが、無印良品のノートなら元に戻るんです。

ニューヨークの無印良品

前回の「文房具は無印で買う – MUJI NYC」で言った通りやっぱり無印良品の文房具がアメリカ製品より日本人に合うし、安い! MUJI Single Ring Notebook, B5 Size, 30 Pages, Set of 5 例えば、こちらのオイラが無印良品でが愛用しているノートの類似品を紀伊國屋ニューヨーク支店で探すと、   大体こちらの棚に日本の各メーカーから出された紙質やデザインと、全てにこだわった使いやすそうなノートがズラリと並んでいます。 しかし、その中の1冊を手にとって、値段を見てみてビックリ…!!   えぇぇぇっ!$6.75もするやないか!無印良品では$1.7で売ってるノートが$6.75!!やっぱりニューヨークの文具は高い。その前に、紀伊國屋ニューヨーク支店の文房具は全てがバカ高い!日本にいたときは無印良品なんかダサいって思っていたけど、ニューヨークでは無印良品って神様ですね。UNIQLOに次ぐ世界に通用するグローバルカンパニーだと思うわ。