Macbookの写真はiPhotoじゃなくてFlickrに保存する

以前、Macbookの容量が写真のせいでほとんどなくなったため、写真はたまったら削除するようにしている。ただ、AppleのQ&Aに「自分のフォトストリーム」は iCloud のストレージを消費しますか? → いいえ。とある。 そうだったの?いつもいつもフォトストリームがいっぱいです。ストレージを追加購入しますか?ってメッセージがきてたけど、なんだったんだろう。 どっちにしろ、自分のローカルのiPhotoに保存できる枚数は、オイラのMacbook airのストレージに依存するわけだから、自分の120GB程度のストレージでは、写真は常に整理しておいたほうが良さそうだ。 そこで、写真がたまったらiPhotoから無料で1TB使えるFlickrにどんどん投げた方がいい。最近はiPhotoからFlickrに写真をアップロードする方法が簡単になったし、FlickrもInstagramに存続の危機を脅かされたから、使い勝手が激的に良くなっている。 ちなみに、これがオイラのFlickrアカウント。撮った写真を適当にFlickrに放り投げてiPhotoの写真は削除する。アップするときにプライバシー設定を「Anyone」「Only you」で選べるからプライベートな写真を他人に見られる心配もない。Facebookで写真を保存しているからいいやっていう人もいていいけど、オイラはFacebookは使わない派、Facebookに写真を保存したくない派だから、Flickrが重宝するよ。 MacBook AirでFlickrとiPhotoを使って上手に写真管理をする方法