53年間変わらない情熱でピザを焼き続ける | Di Fara Pizza

ニューヨーク・タイムズがザガットが絶賛するディファラピザに行ってきた。そもそも学校の先生のオススメでクラスメイトと行ってきたんだけど、行ったときも、食べたあとも、大した感動はなかったんだけど、あとで店の歴史をググってびっくり。こりゃスゴイピザ屋だってことがわかった。 TAKABLOは味覚がおかしいせいか、正直Di Fara Pizzaよりもそこら辺にある$1ピザ屋の方が好きだと思った。だって、チーズスライスなのに1スライス$5もすんだよ。クラスメイトと行ったからみんなで1パイ頼んだけど、それが$30もするんだ。「なんって高いピザ屋だ。人をバカにするなよ。」って思いながら食べたよ。 不思議なのは、こんなブルックリンの僻地で1スライス$5もするピザなのに行列ができてるんだ。ひどいときは2時間待ちだそうだ。食べながら「何でこんなに人気があるんだ?」って不思議だった。家に帰ってググってみたら、この店のストーリーがやばいんだ。 ここのピザ屋は、ドメニコ・デマルコさん御年84歳のおじいちゃんのお店で、1964年から53年間(2017年現在)ずっーとこのドメニコ・デマルコさんがピザを作っているんだ。オイラが行ったときは、もう一人おじいちゃんが注文を取ってピザをサーブしていた。そして、裏のキッチンでは7人の子どものうち3人が手伝っているそうだ。これだけでもやばいのに、さらに、ピザの材料は一部のハーブはイスラエル産のものを使用する以外は、全てイタリアから輸入されたものしか使わないというこだわり。 ピザ自体は薄めの生地だった。個人的には分厚い生地のピザが好きだが、なんだかその歴史を知れば、ディファラピザの人気の秘密が少しわかったような気がした。今では伝説となったピザ屋だが、オープン当時から今でもやはりそのピザ自体の味が愛されているんだろうと思う。個人的には、味は好きじゃなかったんだけど、その「53年間同じことを変わらない情熱で続ける」というところに感動した。