リーマンショックから震災と日本の経済が危機的状態のなか、殿方なら1回は訪れたことがあるであろう老舗のキャバクラが次々に閉店している。日本一の繁華街、新宿歌舞伎町が危機的状況である。

こちらは「now」。本日からはセブンイレブンとしてオープンしていた。水商売からも日本の将来を読み取ることができる。一般人が普通にお金を稼げなくなり、キャバクラへ行く余裕なんてない。また、石原都知事による風営法の強化で水商売は営業時間など制約が厳しい。バブル期の歌舞伎町は知らないが、おそらく今の歌舞伎町は急激に衰退していく繁華街。アジア一の繁華街「歌舞伎町」とは昔の話。では、銀座・六本木はどうなのだろう。銀座のホステスさんも昔ほど稼げなくなっていると聞いたことがある。東京の最後の砦である「六本木」に頑張ってもらうしかない。