先日、2008年11月にアメリカで誕生した、急成長企業 GROUPON(グルーポン)の面接を受けてきました。CEOの年齢が29歳でしたが、最近はFacebookの27歳があるのでそんなに驚かなかったです。
starbucks これからの時代は、子供にITスキルを学ばせた方が下手な大学へし進学するよりもよほどいい気がします。アルバイトでホームページ制作して40万とか稼いじゃったり、アプリ作ったりするのかな。子供の教育も「○○君、今日は何人フォロワー増やしたの?HTMLやったの?Javascriptちゃんと作ったの?」みたいにな…。
話を戻して、今回の面接のきっかけは、twitterの呟きを見たのがきっかけでした。何か「グルーポんが急成長につき500人を大量採用!!」みたいな呟きを見て全く興味の無い分野だったのですが、「これは行くしかない」と、りあえず面接を受けてみました。
PR クーポニアン
会社説明会で色々とグルーポンについて聞きましたが、さすが急成長企業が考え出したビジネスモデルです、天才!非の打ち所がありません。
(YouTube☞ GROUPON)
ファミリーセールやクーポンやら割引制度が大嫌いな私にも思わず「株でも購入しようかな。」と思ったくらいです。簡単に感じた事は、この会社は安売りをしているのではなく小売店のコンサルティングをやっているというイメージを受けました。小売店が搭載してもらうには、グルーポンの基準に達している必要があります。
小売店の方はグルーポンに取り扱ってもらうとドンドン販売促進をかけられます。沢山お客さんが店にやってきまが、安く提供しており、さらに売上の50%はグルーポンに持っていかれるので儲けはゼロで、ただ疲れるだけです(>_< )。小売店の方はお客様にリピーターになってもらわない限りはメリットがないわけです。 広告宣伝費をグルーポンへ払っているような仕組みです。
グルーポンは次世代の輝かしい広告媒体ですね。一見さんやクーポンを食い荒らすお客様ばかりになるとだと成り立たないビジネスですが、この不況の中、希望のあるビジネスモデルだと思いました。しかし、不採用だとグルーポンは一生購入しないだろうなぁ(×_×)自分はちっちゃな人間ですから。


最後に!グループ面接で聞かれた質問
1.志望動機
2.GROUPONでやってみたいこと
3.あなたの強みを一言で
PS(11/22/2010)先ほど、内定通知を電子メールで届きました。
>内定の記事は☞この就職氷河期にグルーポンの内定を頂いたが契約社員という事もありお断り致しました