真夏のダンボ観光、デートスポット!ボルダリングに100億ドルの夜景!

今日はニューヨークでの観光やデートシーンに外せないダンボでの活動をまとめたので、リポートします。特に、カップルでのカジュアルデートに最適だと思います!ポイントは、①夕方にダンボに行って、はじめてのボルダリングを楽しんで、②100万ドルの夜景を見て、③ビアガーデンでビールを飲む!の3ステップ。あまりに完璧なコースなので「夏の!Takablo ボルダリングルーティン」と命名します。

① ボルダリングに誘う!

今回行ったのは DUMBO Boulders っていうボルダリング。Takablo もボルダリングはじめてだったけど、意外と楽しかった。ボルダリングってのは、ロッククライミングのミニバーションみたいなもので、崖の高さも低くて、安全ロープとかは付けないんだ。頂上にタッチしたらそのままジャンプして降りるんだ。ちなみに、Takablo 調べでは、DUMBO Boulders の一回の利用料は$9とニューヨークでは一番安い!

DUMBO Boulders

② 100万ドルの夜景

写真では100万ドル感が出ていないけど、ここからの夜景はダンボだし、ニューヨークTOP3には入るだろう。多くの観光客がここからのサンセットを今か今かと待ちわびている。ボルダリングで汗を流して疲れたところで、マンハッタンの景色を見ながらボルダリングの感想だったり、旅の感想だったり、お互いのこれからのことについて語っりながら、日が沈むのを待とう。

③ ビアガーデン!

そして、夕日が沈んだところでマンハッタンの100万ドルの夜景をバックにビアガーデンでピザとビールを嗜もう!今回行ったのはボルダリングが終わって、夜景を見ながら散歩したら直ぐのところにある「Fornino At Pier 6」だ。白人だらけで、夏の晴れた日は注文するのに結構待つけど、安いし、ボルダリングをしたままのカジュアルな服装で入っても問題ないし、ピザとビールと夜景を堪能できるのでOKだろう。

Fornino At Pier 6

以上、「夏の!Takablo ボルダリングルーティン」はいかがだっただろうか。まとめると、①はじめてのボルダリング → ②100万ドルの夜景 → ③ビアガーデンのフルコースだ。ご家族での観光やはじめてのカジュアルデートなんかにぜひフル活用して欲しいコースとなっている。

DSM × New Balance × Ronnie Fieg コラボスニーカー
国際線機内食徹底比較!JALの機内食は1食分少ない編

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Follow on Twetter !