[映画] Daddy’s Home Movie

それにしても、2015年のクリスマスのニューヨーク、気温が17℃もあるとクリスマスって感じがしませんね。オイラは、マンハッタンにひとりでスターウォーズを観に行った。

この時期のニューヨーカーは旅行だったり、実家に帰ったりと、ほとんどマンハッタンを出てる。そして、お店はどこも閉まっているし、残ったのはヨーロッパからの観光客とオイラと貧乏人だけ。

外ではクリスマスに便乗してホームレスだけがいつもより声を張って小銭をねだっていた。

オイラは、スターウォーズを観に行ったんだけど、全て完売だってよ。よって、その時間帯で観られる映画を適当にチョイス。「ダデイーズホーム」と告げられ、購入。やっぱり、クリスマスはみんな退屈だから映画館に出かけるんだね。

おすすめ度 ★★☆☆☆
英語難易度 ★★☆☆☆

Screen Shot 2015-12-25 at 7.28.53 PM

主役は、ウィル・フェレル。彼のコメディは前回の Get Hardとこれで2度目だけど、2つとも似たような映画だった。個人的にはあまり好きじゃない。

Screen Shot 2015-12-25 at 7.29.07 PM

映画途中、脇役(医者役)で登場するボビー・カナヴェイルがすごく気になった。彼の演技に注目。何か面白いんだよね、雰囲気が。この原田泰造に似た顔、前に何かの映画で観た気がするけと思い出せない。ググってもそれといったものも見つからない。気のせいか。

今回の映画 “Daddy’s Home” のシチュエーションは、義理の父親と実の父親が出会ったらどうなるか的なコメディで、面白かったけど、そんなに深くは笑えなかった。

そもそも、一夫多妻制ならまだしも、一妻多夫制みたいなノリに、ありえないだろ的な違和感を終始感じつつ、上手く感情移入できなかった。

子連れの母親と結婚して、わざわざ他の男の子どもを育てるなんて理解できないからね。あまりオススメできない映画だ。

本当はスターウォーズを観たかったのに、完売だったし、クリスマスのため、映画館のセキュリティを強化していて、いつものように立て続けに別の作品を見ることができなかった。

やっぱり、クリスマスは家で勉強するなり、SEX AND THE CITYのDVDでもみて過ごすのが一番だね。

[Trailer] 2016年の気になる映画

ニューヨーク 最新 ゲイバー 情報
テイクアウト用コンテナのプラスティック容器が危険

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Follow on Twetter !
Tags:
No Comments