[日記] 日本に希望を持てない若者

お疲れ様です。今アルバイトが終わって、妻の帰りを待っている間に10分日記を付けています。 今日の最後のテーブルが珍しく日本の若者男女4人だった。ニューヨークで外食するのは高いし、うちのバイト先の値段が高いので、うちの店は若者たちが気軽に飲める店ではない。年配の日本人はよく来るんだけど、若者のグループはほとんど来ない。 どう観ても池袋とかで飲んでそうな若者のテーブルに、「ニューヨークは長いんですか?」と聞いてみたら、「一年です。」って言ってた。今1年間のニューヨーク留学が終わって、これから日本に帰るそうだ。 みんな、「日本に帰りたくない」とか「日本沈没」って言ってた。これからの日本の若者も日本に未来を感じていないんだなぁって、思った。 日本のGDPも今年ぐらいにドイツに抜かれて、日本は、3位から4位に転落するそうだ。政治家も詐欺師みたいなのしかいないし、人口減少がハンパないし、給料が上がらないし、日本に希望を見出せなくなる若者が多いってことを気付かされた。 その若者たちも、「日本に帰りたくない」って思いが少しでもあるなら、日本に帰らないで自分の好きなところで挑戦したらいいと思う。自分のやりたいことをして、それから日本に帰って恩返しするのもいいし、日本に帰らないのもいいと思う。 そろそろ妻が帰ってくるので、10分日記はこの辺でおわり。今年は、色々新しいことを始めようと思うので、YouTubeとかのチェックよろしくお願いします。

[日記] 10年でニューヨーク変わった

ニューヨーク、くもり☁️37°F/32°F。バイト前に10分間日記を付ける。 ニューヨークに来て10年の歳月が経ち、ニューヨークの人は無礼な人が増えたように感じるようになった。元々そうだったのをオイラが違った視点でそう感じるようになったのかもしれないし、10年という時間がそうさせたのかもしれない。 ニューヨークに来た時からオイラの考えは変わっていない。全員敵。そうやって生活しないと、ニューヨークではサバイブできない。隙を見せたら負け、イライラしたら負けだと思う。そもそもクソみたいな人間が多いから。 誰にでも人間だから、好き嫌いはあると思うけど、人種のサラダボウルであるニューヨークでは、好き嫌いが出てしまう。アジア人が嫌いだとか、インド人苦手とかね。 人種差別は問題だから、誰も言わないだけで、みんな好き嫌いは持っていると思う。オイラも、アメリカ人は好きだけど、ヨーロッパの人は苦手だったりするし、ラテン系も苦手な人が多い。中華系も信用できないとか色々あるよね。 それでもニューヨークが好きだけど。では、10分経ったのでアルバイトに行ってくる。少しずつ更新するのでYouTubeも登録よろしくお願いします。

[日記] フリーターを好きになった

くもり、53℉/35°F。2023年は大不況の予感です。現在、レストランでアルバイト中に客が全然来ないので、10分間ブログを付けたいと思います。 昨日の夜はアバター1をレンタルして妻と観ました。映画館で3Dで観たことある作品だけど、アバター2の予習もかねて最後まで観た。アバターはストーリーはそうでもないけど、あの3Dがポイントなので、映画館で3Dで観たいかも。 今日はGoogle検索で「フリーターを抜け出す方法」みたいなのを検索していたら、検索ワード上位に「フリーターを好きになった」ってワードが表示されてたから、そのまま検索結果を見てみると「フリーターとは別れなさい」みたいな内容が多かったから、そう考えると、39歳の夢も希望もないフリーターと結婚したらオイラの妻は凄いと思う。 日本だと39歳の夢も希望もないフリーターと結婚する人はいないと思う。日本だと、最低でも年収1,000万円はないと結婚できないし、そもそも生涯独身がトレンドだから、みんなあまり結婚しない時代になった。それでいいと思う。オイラも日本にいたら生涯独身だったと思う。ただ、みんなと逆を行きたいから、周りが生涯独身ばかりだと、結婚するかな。 オイラも39歳のフリーターだけど、そんなオイラと結婚してくれたら芯のある妻のためにフリーターを抜け出せるように頑張るしかない。しかし、この歳までフリーターをやっちゃうと、自分でビジネスを始めるか、YouTuberになるかしか抜け出す道が思いつかない。 あ、客が来たので、これで今日の10分間ブログをおわり。

[日記] 妻の待ち時間に

ニューヨーク、くもり39℉/33°F。現在1人で買い物に行って来て、妻が銀行で家族用のクレジットカードを作っているところなので、その間カフェで待っている間に10分間人気の日記を付けます。 今日は、夫婦休みだったので、昨夜遅くまで友人に面白いと紹介されたネットフリックスシリーズの「初恋」を早朝までまとめ観で終わらせました。全然面白くないですね。 連続で観たので、見られないほど面白くないドラマではないんだけど、何も感動がないラブストーリーでした。 オイラがちょうど「初恋」の時代背景の世代だし、エピソード1 を観ている時は、高校の時の夢と現実のギャップの描写とかめちゃくちゃ面白いかもと期待があったにも関わらず、大した驚きも無く、終わってしまいました。どうせなら、ハッピーエンドではなく超悲しすぎる終わり方をしてほしかったです。 人に勧められるかと言えば、勧められない作品だと思います。ただ、日本の面白い作品はアメリカのネットフリックスでは数が少ないので、つい全て観てしまいました。 あ、妻の用事が済んだので、これでブログやめます。帰ったら、アバター1を観ようと思います。

[日記] バイト終わりに

今、バイト終わりの電車の中で10分間ブログを付けています、タカポンです。 現在ギリギリ39歳。ニューヨークに来て早10年。もう今年の夏には40歳になってしまう。40歳でフリーターはマジで辛いから、今年は自分のやりたい事の方に何とか時間を割いて、アルバイトを抜けられるように頑張りたい。 アルバイトは生活があるから、まだまだ継続するけど、レストランのウエイターの仕事なんていつまで続けられるかわからないし、個人的にいつまでもレストランのウエイターはやりたくない。他人と話すのがあまり好きじゃないのと、毎日いろんな人と接すると、本当に教養がなかったり、失礼な客が多いから辛い。 ニューヨークのレストランのウエイターのアルバイトはミュージシャンの卵や俳優の卵みたいな夢を追っかける人がやる仕事の場合もあるし、高級ステーキハウスのウエイターみたいに天職にしている年配の人も大勢いる。 ウエイターの仕事は人気レストランで頑張れば月$8,000とかも稼げるけど、そこまで働くと、ウエイターの仕事だけで終わっちゃう。アーティスト活動とかオーディションをやりながらウエイターをしても、月に$4,000くらいは稼げると思う。 仕事はなんでも同じって考える人もいるし、好きならその仕事を極めたらいいけど、オイラがやりたいのはウエイターの仕事ではないので、ウエイターの仕事で生活しながら、別の道が開けるように2023年は頑張りたい。 電車が駅に着いたので、ここでブログ終わり。明日はお休みなので、妻と過ごします。

[日記] 今日はお休み

ニューヨーク、くもり 44°F/34°F。今起きて、ランドリーに1週間の洗濯物をドロップオフして来た。これから、10分くらい妻が起きるまで日記を付ける。 夫婦で生活しているとランドリーに出す洗濯代が月々$200かかるので、洗濯機のあるアパートでレントが$200くらい高くても、洗濯機がある家がいいかも。子どもとかできたら、洗濯機ないと無理だと思った。 今日の計画。今日は休みなので、午前中は夫婦でジムに行って、帰り道に日本スーパーで買い物して、それからレストランに食べに行くか、家で焼肉するか、妻と相談する。 最近食べに行ったレストラン。 Claw Daddy’s ってところに食べに行った。ローワーイーストサイドにある牡蠣とか蟹、ロブスターで有名なレストランらしい。雰囲気は、クラブみたいな感じで、すごくカジュアルな雰囲気のレストラン。早い時間に食べに行ったせいか、ウエイターは1人しかいなくて、サービスがすごくスローだった。 一応人気メニューのグリルされた牡蠣とお店のスペシャルソースで絡められたカニを食べた。やっぱり牡蠣は生の方が好き。カニはお店のスペシャルソースがニンニク強すぎて好きじゃなかった。カニもシンプルに塩とかポン酢で食べるのがいい気がする。 そろそろ妻が起きるので、朝の準備してジム行く。良い一日を!

[日記] 2023年1月8日、ニューヨーク留学10年

ニューヨーク、くもり 43°F/32°F。アルバイトがあと10分で始まるので、それまで日記を付ける。 日本の経済が衰退すると思って、日本を出て10年が経過した。あっという間の10年だったけど、一番大きな出来事は結婚したことだと思う。ここ数年は、ダラダラアルバイトだけしていたので、2023年は、飛躍の年になるように頑張る。 使っていないfacebookを最近見たら、同級生にも不動産屋の社長になっている人がいたり、カリスマ美容師になっている人がいてびびった。オイラも、今年は、自分のやりたいことをやりながら、日々大切に過ごしていきたいと思う。 何となーく始めたみたYouTubeもあるけど、今年はYouTubeをもう少し真剣に取り組みたい。それと、アメリカの自動車免許もいい加減取りに行って、あと、小さなビジネスを始めたい。利き酒師とかも取得したい。それと、毎日日記を更新したい。 アルバイトが始まるから、行ってくる。今日はアルバイトだけで一日終わっちゃうな。

FOREVER 21 原宿で就職アルバイトを検討しているあなたに読んでほしい

私が去年1ヶ月だけ FOREVER 21 で働いていたので、その時の体験談を書きました。これから働きたいと思っている方、参考にどうぞ。 去年の今頃、私はアパレルブランドZARAの販売員の採用に落ちて、働き先がなかったので FOREVER 21 で働いている友人に相談してみました。すると、 FOREVER 21 は古いタイプの人間もいないし、働きやすいから一緒に働こうよ。と、誘ってくれたので、求人に販売員 (ビジュアル)を希望して応募することにしました。それから、事務所で30歳くらいの副店長が面接をしてくれて、在庫管理 (ストック)として採用。「明日から来い。」と、一言。人手が足りないようです。誰でも即働けます。 ストックアソシエイト: 店舗に届く商品を仕分けし、ハンガー掛けや店頭に並べる準備をして頂きます。その他在庫管理として、店頭になくなった商品の補充やお客様からの商品の問い合わせについてセールスアソシエイトを通して回答等、お客様のショッピングを影から支える業務です (http://bit.ly/2aHcA6o) FOREVER 21 在庫管理職1日の流れ 10:00 出勤。ストックメンバー数人で簡単な朝礼を済ませた後、早朝にLAから届いたダンボールの整理や、ダンボールの中の洋服を10枚ずつに束ねる作業。なぜこんなことするの?と思っていたが黙ってやる。地ベタにダンボールのがあったり、狭い通路だったりするので腰がやられます。 12:00 お昼1時間休憩。 13:00 勤務再開。午前中の続きをひたすらやる。在庫管理とはそんなもんです。アタマが悪いのだから同じことの繰り返し。サルでもできる仕事。時々、販売員さんの在庫出しも手伝う 19:00 退社。お疲れさまでした。 FOREVER 21 のここがすごい!(長所) 社内公用語は英語。エリアマネージャーや社長が店に来ますが、上司はほとんど日本語が話せません。そして、従業員も半分は外国人です。日本語が話せなくてもここでは雇ってもらえます。もし、留学生のお友達がアルバイトを探していたら進めてやるといいでしょう。日本語が全く話せなくても雇ってもらえます。逆に英語の話せない契約社員の私よりもアルバイトのバイリンガル、トリリンガルの留学生の方がマネージャーに重宝されます。その間、私はトイレ掃除です。 ゲイの友だちができる。ゲイのお友達が沢山できてたのしんごです(^O^) 私と一緒に入社したお友達もゲイでした。 残業なし。残業は全くありません。長く働いているスタッフを見ていてもしっかり時間がきたら帰れます。 FOREVER 21 で働く短所 どんなに頑張っても永久契約社員。これは外資ゆえですかね。しょうがないです。 FOREVER 21 原宿で社員は本国から来ている英語しかしゃべれないマネージャーだけなのです。しかし、従業員がみんな契約社員とわかるとなんか怖くないw 夜勤になることも。forever 21 原宿は24時間体制で稼動しています。夜は夜でNightスタッフが働いている状況です。可愛らしい販売員の娘でも長く働いていくと、必ず深夜に勤務しなければならなくなります。GAP原宿も時々深夜に働いているところを見たことがありますが、毎日ではありません。 forever 21 は毎日24時間体制でDayスタッフとNightスタッフが交代で働いています。大変ですよ。そもそもカットソーを700円で売っているので、2倍3倍多くの量を販売しなければなりません。従業員は大変です。洋服のドン・キホーテみたいなものです。 交通費上限10,000円。これは、詳しく覚えていません。アルバイトだけかもしれませんが交通費は上限1月10,000円までしか出ませんので千葉から、原宿の forever 21 で働きたい。と思わないようにしましょう。 まとめ なぜ私がここに求人を出したのか、自分が怖いです。おそらく、就職氷河期のせいで精神的に追い込まれていたのでしょう。今も状況は変わりませんが。これから forever 21 の販売員をやりたいと思っている女の子、かなり体力勝負なので覚悟決めてください。あと、これからでいいので英会話スクールに通って、上司と話せる英語力は必要です。