保険未加入で、アメリカの救急車で運ばれた話。

神様は割と試練を与えたがる...

保険未加入で、アメリカの救急車で運ばれた話。

3週間くらい前に友だちと食事中に貧血で倒れてアメリカでは1回の利用に$500くらいかかるといわれている救急車で運ばれてしまった… バイトを探している超金欠の最中の出来事。神様は割と試練を与えたがる…

何で倒れたかというと、貧血だ。急に気分が悪くなってきたから、トイレに駆け込んだ。でも、トイレってひとつしか無かったから、次の人が待っている気配を感じ、まだ気分悪いけど出なきゃ。って思って、無理やり出たら、トイレを出てすぐのところで、人生初の貧血により、倒れてしまった。よく、小学生の頃、運動会で校長先生の話が長すぎて倒れる子がいたけど、あれと一緒だと思う。クラってきて倒れた。

ambulance new york city実は、2年前の栄養を完全に無視した無理なダイエット以降、貧血っぽく感じることがここ数年多くなっていた。そんなときは、とにかく無理をせずに横になって気分が良くなるのを待つしかないんだけど、さすがにレストランだったから、横になれなかった。ウエイターに相談して、貧血で気持ち悪いから裏で休ませてくれって聞くべきだった。無理が一番いけない。

無理して、いつものようになんとかなるだろうと踏ん張っていたら、急にふらっときて倒れるはめになった。急に人が倒れたら、そりゃ店の人もびっくりして、救急車を呼んじゃうじゃん。オイラは、倒れたことによって、ようやく血が頭にも巡って、10秒後くらいに意識を取り戻して、何事もなかったかのように自力で席に戻ったんだけど、それから、1分くらいで消防士が店の中に入ってきた。駆けつけるのが早くてビビったわ。アメリなの対応って早いな。後で、レストランの従業員にはジャパニーズ菓子でも差し入れしてお礼をしておこう。

オイラも、正常に戻ったから、救急車とか必要なかったんだけど、驚いたことに既に救急車が3台くらい外に駆けつけてて、FDNYのお兄さんもいっぱい駆けつけてきたんだ。こんなに大掛かりなことになっていることに引いたね。ただ、軽く「もう大丈夫だ」と断ったんだけど、大勢のFDNYの人に「精密検査だけでも受けてくれ」とか言われて、断れず、救急車に乗ってしまった。で、血圧を測ったところ、貧血の女の子みたいに上が85しか無かった。。。過去のダイエット以外に思い当たる原因として、肥満があるわ。オイラの身長からは70kgが適正体重となっているのに現在88kgだから、心臓とか血圧に負担がかかっているのだろう。気をつけよう。こうなってくると血圧を計れるスマートウォッチとか欲しいわ。

しかし、救急車に乗ると、高く付くから、本当は、良心を捨てて、FDNYに申し訳ないと思ってでも断固断るべきだった。又は、走って逃げるってのもある。次回はそうするわ。救急車で$500、病院での診察、精密検査とかしちゃったら余裕でトータル$1,000とか余裕で超えるからね。…救急車内の消防士とオイラ、3人とも黒のニット帽被ってるw。これ、Duane Reade で$3くらいだったと思う。

brooklyn health center hospital 2

腕を骨折したときなんかアメリカの救急車は高額だと知っていたので、救急車は呼ばずに自力で歩いて救急診療まで行ったのに、この貧血から意識を取り戻してなんともない状態から救急車に乗ることになるなんて、なんとも屈辱。。。同じアパートに住むY**hei君いわく、彼も昔救急車で運ばれた経験があって、$500くらい支払い請求が届くそうだ。

オイラが前回骨折したときも、オイラは一切保険に加入していなかったが、そういった、保険未加入のF-1ビザの学生は病院で90〜95%くらいのディスカウントを受けることができるんだよね。または、後日家に請求書が届くが、ほとんどの人はそいつを無視するか、出世払いだ。しかし、その友だちいわく、この救急車の請求だけは無視するのが難しいとかなんとか言っていた。彼は、クレジットカードを止められたそうだ。

[amazonjs asin=”0933477201″ locale=”US” title=”2016 New York Firefighters Calendar”]

そもそもアメリカだろうと日本だろうと、救急車を1台出すのに人件費が$500くらいかかっているってことに今回の出来事で気付かされたね。アメリカでは一般家庭の医療保険は4人家族で平均して月$600〜800払っているって聞く。日本ではそれを税金から賄っているだけのこと。そう考えると、日本の医療制度はそろそろ無理が来るんじゃないかなって思う。よく、いままで耐えてこられたね。これからは日本の医療費もおそらくアメリカ型に近づくんじゃないかなぁ。

ここまで読んでくれて、Takabloファミリーのみんな、ありがとう。今回も1,800文字と割と長文のブログを書くことができた。Like, Shareよろしくお願いします。そして、病院まで付き添ってくれたAk**ne夫妻ありがとう。…アメリカでは救急車は$500かかるということを常に頭の片隅に置いて、生活し、それでも利用価値のある場合は、使ったほうがいいと思うよ。保険に入っていれば、何の問題もないんだけど、高くて入れないからね。

1970s 邦楽 懐メロ 英語カバー曲
ニューヨークに終止符、日本に完全帰国したっていいじゃない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Follow on Twetter !
Tags:
,
1Comment
  • Reecho.Akahori
    Posted at 09:00h, 18 February

    乳酸菌生成エキスを飲んでSTAP細胞をどんどんつくれる体に成れば、食料半分以下でも倒れません。grnba.jp
    健康法が沢山紹介されていますので、飯山一郎さんのホームページを是非一度見てみて下さい。