30代からの人生戦略は「図」で考える!

30代からの人生戦略は「図」で考える!

お疲れ様です、M田です。久しぶりにタイトルに負けて本を買いました。私、ニートM田…今年で30歳なのです。「30代からの〜」ってタイトルに弱いです。

ニューヨークの和書は高い。この本、23ドル。そして、日本にいたときみたいに本を新書で(1470円で)買って、読んで、ネットで直ぐ1000円くらいで売るというケチな読み方ができない。よって、今すごくキンドルが欲しいです。…では明日、ニューヨークのブックオフにこの本を売りに行きたいと思います。以下、面白いと思ったところの…….φ(..)メモ

アマゾンの紹介文

30代からの人生戦略は「図」で考える!「人生で何がしたいのか?」「これからどうするのか?」と人に聞かれたとき、答えがはっきり出ず、悩み、困ってしまうことがあります。将来の展望が見えない今の日本で、このような状況では到底生き残っていけないでしょう。とくに30代になると、仕事・お金・人間関係が複雑になり、人生をどう生きていけばいいのか、わからない人が多いのではないでしょうか。 http://amzn.to/121brLa

しかし、図で考えると、あっという間に「人生で大切な事が一目でわかる! 」「適職・キャリアデザインが見える! 」「進むべき道がはっきりわかる! 」のです。本書では、将来の目標を必ず実現する「人生鳥瞰図」を徹底紹介。価値観の発掘から仕事選び、ライフデザインの構築まで、[久恒式]図解思考であなたの人生を「視覚化」します。これでぼんやりしていた将来像がくっきりしていくでしょう。「自分探し」はもうやめて、「自分づくり」をはじめよう!
http://amzn.to/121brLa

「自分探し」ではなく「自分づくり」を

今自分がしている仕事、自分がいる現場、そこを掘り下げれば、社内だけでなく、社会全体にも通用する仕事ができるんだ、ということに気がついた。

目標は紙に書いて持ち歩く

自分は「物心ともに豊かな生活をしている人」であると答えた人は、人生目標や具体的な毎年ごとの目標を紙に書いて持っている人が多い。

ビジネスパーソンに必要な3つの力

ビジネスパーソンには理解する力、企画する力、伝達する力の3つの力が必要。理解する力とは、上司の指示を聞き、回ってきた文章を読み、ポイントを理解する力です。企画する力とは、自分の頭で新しい考えやアイデアを生み出す力です。そして、伝達する力とは、考えやアイデアを他の人に間違いなく正確に伝える力です。

30代は死ぬ気でやれ

30代に死にものぐるいでがんばらずにいつがんばるのか。死ぬ気でやって死んだ人はいない。自分を捨て去って、必死の境地に入ると、物事はかえってうまく進む。「死ぬ気でやる」ということは、寝食をする間も惜しんで、怒濤の仕事量をこなす、ということでもあります。

takablo恒例!2013年、今年もダイエットの季節がやってきました
最近撮った写真

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Follow on Twetter !
No Comments