13 Hours, Eight haters, Ride Along 2, The Forest 米国最新映画情報

父さん、母さん、友人、元気ですか?お疲れ様です、Takaです。さて、最近観た映画 13 Hours, Eight haters, Ride Along 2,  The Forest 4作品を上からおすすめ順に紹介していく。

13 Hours

これはすごい!今までの戦争系映画の中でトップ3に入るであろう作品。とても面白かった。観るべきだよ。戦争つってもCIAがアラブ系テロ組織に袋叩きにされる作品だ。はじめは銃撃戦なんだけど、途中からアラブ住民が爆弾を打ち込んできて危うく全滅するところだった。銃撃戦よりも爆弾って怖い。手足がもげる、吹っ飛ぶ。これがこれからの時代の新しい戦争映画といえる作品。アメリカでは右派の映画だとか賛否両論あるみたいだけど、映画としては面白いよ。これが実話っていうから驚き。CIAの仕事も大変やな。

おすすめ度: ★★★☆☆
英語難易度: ★★☆☆☆


Eight Haters

オイラの今の英語力では理解できなかった作品。結果、細部まで理解できず面白くなかったが、場内満席だったし、隣の白人グループは爆笑していた。面白い映画なんだと思う。…吹雪の中、山小屋て繰り広げられるハチャメチャコメディ系サスペンス。舞台がずっと山小屋なので、英語のリスニングが全ての作品。そう考えてみると、オイラの英語力は、アクション映画の8割をリスニング以外のアクションから理解しているんじゃないかと、少しショックを受けた。やっぱり英語って難しい。

おすすめ度: ★★☆☆☆
英語難易度: ★★★★☆


Ride Along 2

さすが、2作目だけあってすべらない。1作目観たことないけど。舞台はマイアミ。黒人が主役でその他のキャストもほぼ黒人となると、黒人英語だからアクセントとか話すスピードとか聞き取りにくい。…あまり笑わないオイラだけど、2箇所くらい笑った。

おすすめ度: ★★☆☆☆
英語難易度: ★★★☆☆


The Forest

双子の姉妹が日本の樹海に自殺しに行ったと聞いて姉妹を樹海にまで助けに行くというハチャメチャな日本に誤解を招くようなホラー映画。

おすすめ度: ★☆☆☆☆
英語難易度: ★☆☆☆☆

舞台が日本ということで、アメリカ人様に喜んでもらえるかと第三者的な目線で観てた。アメリカ人様の考える日本のイメージってのは、アニメ、渋谷、新宿、女子高生、変態、自殺のメッカということをアメリカにいて感じる。ひとつも日本にいいイメージなんて持っていない。

先ず、映画は面白くない。ホラーとしての怖さも弱かった。真っ白な幽霊がいきなり驚かすパターンが多かった。そもそもストーリーからやり直したほうがいい。妹が樹海に行ったから姉がアメリカから樹海に妹を探しに行くなんてどうかしている。

ニューヨーク、キュレーションメディア系戦国時代!
ニューヨークで4度目の冬、初雪平年より2ヶ月遅し。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Follow on Twetter !
No Comments

Post A Comment