おはようございます。今朝も「日本経済の気になる記事をメモして自分の政治離れを防ごう!」の大人気コーナー。今日は気になる記事を適当に…
内閣不信任案否決後、スムーズに大連立政権が成立して政治が進むのかと思いきやそうは行かないのね。自民党は内閣不信任案が否決され、民主党に協力するのが筋だと思う。しかし、ここにきて大連立にも慎重論が出たり、大連立を組むから「今月にも首相は退陣せよ!」ときた。まさにアメとムチ。使い方間違ってるよ。本当に今の政治は国民のことを全く考えていないし、世界にも目を向けられていない。自分たちの事ばかり。意味のない戦略戦略戦略…。戦略ばかりが目立つ。
このままだと南沙諸島問題にも目を向けられないし、欧州の金融危機なんて他人事だと思ってる。復興法案や赤字国債に早くてを打たないと、どんどん問題は増えるばかり。日本の現在の経済危機に欧州危機がとどめをさすぞ!もっとスピードのある政治を望む。
余談、一面「新遺伝子活用再生医療へ前進」のiPS細胞の話。公務員試験に狙われるかもしれないのでメモしとく。iPS細胞とは新型万能細胞のことで、人間の皮膚などどこの細胞からでも作れる。その細胞が人の臓器やあらゆる組織に育つ。ES細胞(胚性幹細胞)は受精卵を壊して作る万能細胞なので倫理的な問題が多い。この2つの細胞、覚えておこう。