前回のブログ「買ってはいけないお菓子買ってもいいお菓子」に引き続き、食品添加物に関するブログ。買ってはいけないお菓子が大体わかったけど、一体どんな食品添加物がダメなのか?渡辺雄二の『買ってはいけないお菓子 買ってもいいお菓子』を読んでまた新たにメモった。原材料名を見て、下記の食品添加物が記載されていたら買うのやめよう。

危険な添加物

臭素酸 K(カリウム )→ 大手では山崎製パンだけが使う超危険発がん性物質
亜硫酸塩 (亜硝酸Na,次亜硝酸Na,ピロ亜硫酸K,ピロ亜硫酸Na,二酸化硫黄) → 漂白剤。全て毒性が強い。
赤2 → 着色料。発がん性物質、アメリカでは使用禁止、日本ではOK
赤40 → 着色料。発がん性物質
赤102 → 着色料。
赤106 → 着色料。発がん性物質。使っているのは日本くらい
黄4 → 着色料。蕁麻疹(じんましん)、発がん性物質
黄5 → 着色料。蕁麻疹(じんましん)、発がん性物質
青1 → 着色料。ラットに与えるとガン発生
青2 → 着色料。
緑3 → 着色料。発がん性物質
ウコン → 着色料。発がん性物質
ソルビン酸  → 保存料。ラットに与えるとがん発生
スクラロース → 甘味料。低カロリー商品のほとんどに使われている。うさぎに与えると死ぬ
アスパルテーム → 甘味料。人間に脳腫瘍の可能性。動物実験では白血病・リンパ腫
ステビアEUでは使用禁止。人間の精巣に悪影響
ネオテーム → 甘味料。発がん性物質
アセスルファムK → 甘味料。肝臓や免疫に対するダメージ
グリシン → 鶏、モルモットに与えると死亡
アラビアガム → うさぎ死亡。人間、喘息・鼻炎

まとめ

こんなに毒性の強い添加物が多いと覚えられない。また、表記されていない場合も多い食品添加物。タカポンのオススメは[box type=”tick”]裏を見て「スクラロース」「アスパルテーム」とある商品は購入しない[/box] ことをすすめる。アスパルテームって毒性が強いはずなのに多くの商品に使われてるんだよ。特にペプシNEXなどのダイエット商品には100%使われている。