ANA VS エールフランスの 機内食 を比べてみた(ニューヨーク↔東京)

ANA VS エールフランスの 機内食 を比べてみた(ニューヨーク↔東京)

最近、ブログの更新をさぼっていました、ニューヨークのTKです。さて、もうだいぶ経ちましたが夏に$640でニューヨーク東京間を往復したときのANAの機内食が全然良くなかったので、一昨年のエールフランスで帰国したときの機内食と比べてみることにしましょう。

エールフランスを利用したときに出されたエコノミークラスの 機内食

ANAを利用したときに出されたエコノミークラスの 機内食

どうでしょう?ボリュームが全然違いますね。ANAは和食感は出ているけど、エールフランスと比べるとかなり質素に感じます。たとえエコノミークラスクラスだからといっても粗末な食事すぎじゃないでしょうか?約13時間の長いフライトでの唯一の楽しみといったら機内食くらいなのに、これだとテンションが上がりませんね。

ちなみに、余談ですが、長いフライトで機内に持って行った方がいいアイテムがスリッパやネックピロー、アイマスク、歯ブラシですが、例えエコノミークラスであってもキャビンアテンダントに直接お願いしたらもらえるのかもしれません。

今回はアイマスクを忘れたので、ANAのアイマスクを借りました。ファーストクラスではこれらのアイテムは支給されるので、直接聞けば、それらのおこぼれを譲ってもらえるのかもしれません。

以上、JALと違って、補助金をもらっていないANAがいかに節約して利益を出すか?その結果、やや顧客満足の落ちる機内食の紹介でした。

最後に、Takabloファミリーのみなさんのために、アメリカ往復航空券を買うならアムネットをオススメします。日付を選ばなければ、往復$550なんて航空券を見つけられるはずです。調べ方が少し難しいんだけど、出発時期と空港を入力して普通に検索し、その後「前後3日間の価格を見る」を押せば最安値の航空券を見つけることが出来ます!今回TKが検索して、2017年1月下旬だと往復$550、2017年9月だと$660の往復航空券をかんたんに見つけることが出来ました。ぜひお試しあれ!

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる
社会構造の急激な変化!30代独身女性が増えてきた件

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Follow on Twetter !
No Comments

Leave a Reply