柳井  「柳井正の希望を持とう」を読みました。この本は朝日新聞土曜版「be」に連載されたコラムをまとめたもの。ユニクロや柳井さんの考え方を書かれた本。かなり良かったです。平成の松下幸之助かと思いましたw ★★★★★

  • 人間は希望がなければ生きていけない。
  • 希望を持つには、人生は自分が主人公だと信念を持ち、自分に期待することだ
  • 自分に期待すれば、必ず活路は開ける!

昨日読んだ内容を思い出してみると、ビジネスマンとして上司とは部下とは会社とはと、色んな事が書かれてました。柳井さんは今でも豪遊する事も無く質素に節約しているところにとても共感した。ユニクロはこれ以上国内では大きくはなれない。だからこそ一貫して世界で勝負しようと書かれている。日本国内で商売する事はこれから先無理なんだよね。社会保障費をどう賄うかでいっぱいいっぱい。おそらく未来に希望は無いだろうが、なるようにしかならない。毎日しっかり勉強して自分を向上させるしか無いんです。コンビニでレジ打っててもいいけど帰ったらひたすら勉強しなきゃ未来は無いんです。
柳井正の希望を持とう (朝日新書)