[本] 病気を防ぐ「腸」の時間割 – 腸年齢が肌年齢

[本] 病気を防ぐ「腸」の時間割 – 腸年齢が肌年齢

病気を防ぐ「腸」の時間割

  • アンチエイジングを目指すならば、体内時計を先ず若返らせて、腸の機能を高める
  • 体内時計の乱れは、肥満になりやすい体をつくる
  • 老化のサインは、とくに顔の皮膚に表れる
  • 重要なのは、日の出とともに活動をスタートすること
  • 朝は高カロリーの食事をしてもOK
  • 体内時計を正常に働かせるだけで肥満が治る
  • 肥満は「総摂取エネルギー」よりも、食べる時間帯の影響を受けやすい
  • 「カロリーゼロ」や「カロリーオフ」を称する食品は腸の機能を悪化させる
  • 体に贅肉をたくわえないためには、21時までに夕食を終える
  • 人の若さは腸がつくる
  • 朝に陽を浴びながら3分間深呼吸する
  • 病気を遠ざけ、老化を避けて生きていくために一番大事なのは腸
  • 1日3度の食事を決まった時間にする
  • 「腹八分目」こそ健康を増進する最良の食べ方
  • 朝食の最大の目的は腹時計のリセット
  • 毎日どんなランチをするかで、10年後の体の状態は違ってくる
  • 腸がもっとも苦手とする栄養素が、炭水化物にたっぷり含まれる糖質と、質の悪い油脂
  • おやつは糖質が脂肪になりにくい15時に
  • 肥満遺伝子の働きが活性化する21時以降に食べたものは、脂肪となり、体のぜい肉を増やす
  • 町の健康のためには夕食を食べ過ぎない、就寝2時間前にはものを食べない
  • メラニンは朝日を浴びると分泌をストップし、15時間後に再び再生される
  • 安眠を得るためには真っ暗にしてから寝る
病気を防ぐ「腸」の時間割 老化は夜つくられる (SB新書)

病気を防ぐ「腸」の時間割 老化は夜つくられる (SB新書)

藤田 紘一郎SBクリエイティブ 2015-04-16
売り上げランキング : 33256

Amazonで詳しく見る

I recommend watching "Terminator Genisys!"
チェルシーにあるゲイバー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Follow on Twetter !
No Comments

Leave a Reply