ブックオフに売るなんてバカバカしい。どこよりも新刊単行本を安く、下手したらタダで!? 購読するために私がやっている方法を紹介します。
本当は教えたくない!とか、タイトルつけたけど、みんなやってるのかな? 要はamazonマーケットプレイスのフル活用と、買ったらすぐに売るってこどなんだけどね。せこい事を書いているので心の豊かな人は読むのをお控え下さい。
m(_ _)m スタッフ一同

① タダ同然で単行本を読む方法

  1. amazonで読みたい新刊の中古が出るのを待つ
  2. 中古が出たら購入 (できるだけ新品に近いモノを購入)
  3. 1週間くらいで読み終える
  4. 中古又は新品としてamazonマーケットプレイスへ再出品

メモ)送料が購入時に必要ですが、売るときにamazonマーケットプレイスから250円支給されるのでクロネコメール便で出品したとしても90円おつりがくる。梱包もそんなにお金はかからないので、実質タダ同然である程度の新刊単行本を購入できます。

② 60%OFFで新刊を読む方法

  1. 紀伊國屋書店でポイントカードを使い購入
  2. 1週間くらいで読み終える
  3. 新品又は、中古美品としてamazonマーケットプレイスへ即出品

メモ)私は方法②です。努力次第では新品として出品可能です。基準を甘くしましょう!本を大切に扱い、さら〜っと読んじゃったら新品として出品するべきです。方法1も方法2もやってることは同じ。ただ、方法2.の方が気軽で即日購入できるのと、安心確実で、本屋さんに行く楽しみもある。
ポイント

  • 新刊の人気書籍でなければダメ
  • 本を大切に扱う
  • 買ったらすぐに読み終えろ
  • 梱包は最低限で
  • クロネコメール便を使う

最後に

巷では電子書籍がどうこう言っているが、正直言って電子書籍は現在書籍を沢山所有している人が整理するために自炊とか言って裁断機に本をかけて、スキャンする事の方がメインになっている。新刊を購入しようとディスカバーアゴラブックスへアクセスしてもあまり新刊の更新がない。よって、電子書籍は電車の中で読んだり、外でのふとした待ち時間に読む用と決めている。電子書籍だと転売できないので価格をもっと下げと欲しいわ。高い。電子書籍でがんがん新刊が発売されるのって、まだまだ遠い先のお話になりそうだ。