ブログ

お昼休みに10分だけ、ニューヨーク大人気ブログを更新します、Takaです。ニューヨークに来る日本人の10人中9人が「日本は好きだけど、日本人とその習慣・風習が嫌い」だと言う。いやいやいや、あなたも日本人のひとりですから、残念!(←ギター侍まだ流行っていますよね?)

ただ、言わんとすることは分かる。みんな日本の街は好きなんだよね。しかし、その日本人の国民性や風習がね。どうも生きにくい。だから、世界一自殺の多い国っていわれるし、オイラの身近でも、近所のタクシードライバーのオッチャンが自殺しり、高校の同級生は学校内で首吊り自殺をしたりした。マジだよ。てか、自殺の話って探せば周りからいくらでも出てくるでしょ?・・・そんなに日本って生きにくい国なのかな?自殺するくらいだったら適当に生きよう。

遅刻は犯罪じゃない

これも北朝鮮バリの教育のせいなんです。オイラの中学生時代を思い出してみましょう。午前8:30までに登校できなかったら、なぜか校門前に体育教師と生徒指導の先生が待ち構えていて、たとえ8:31に着いたとしても外に1列に並んで正座をさせられていた。その教育のせいなのか世界一時間にストイックな国民性が出来上がったよね。もし、あなたが会社で遅刻常習犯だったら、どんなに仕事ができてもクビ。遅刻は許さないけど、残業は許すんだよね。たったその2つのことを逆にするだけで日本って変われると思う。

年齢に厳しすぎ

例えば、雇用に関してね、新卒じゃなきゃ採用しないとか、長期社員育成のため27歳までとか年齢に厳しすぎる。オイラが30歳だから言うんだけど、そんな年齢制限やめちゃえば?時代遅れ。だって、オイラの場合、日本では再チャレンジできそうにないじゃん。ギブミーアチャンス!もー日本にこれ以上マンパワーないんだからそんなこと言っている場合じゃない。年齢のことは忘れて。

上司は神じゃない

あまり働いたこと無いから知らないけど、日本の会社で生き残りたければ、まず、直属の上司に好かれることだよね。媚びて媚びて媚びまくる!ただ、最初はうまいこといって上司に好かれても、後で必ず小さな不満がストレスになって爆発するんだから。本当だよ。ほとんどの社員がこの小さな不満で会社を辞めたり、オイラみたいに頭がおかしくなるんだから。

だから、言いたいことはハッキリ言おう!欧米の「横社会」に対して、日本は「縦社会」なのは知っているけど、嫌われたって、クビになったっていいじゃん。そんな会社なら辞めちゃえば。

あと、ちょっと思い出したから愚痴っておくと、いちいち「敬語がちょっとおかしい」だの「メールのやり取りが間違っている」だの「上司に話しかけるときは “今お時間頂いてもよろしいでしょうか?” といちいち聞く」だの、ルールが細かい。軍隊か?。。。そんなに小さいこと気にしなくていいじゃん。こっちの黒人のように「ヘイヨーヘイヨー」って適当でいいと思う。

他人のことはどうでもいいんだよ

日本人はとにかく他人の生き方が気になるいきもの。そして、やたらと他人を「やっかむ」ことに全精力をついやすんだよね。だから、みんなブログ書いていること人に言いにくいし、他人のブログに誹謗中傷のコメントをよく書くし「2ちゃんねる」が大好きだよね。

エクスキューズミー?人生って短いんだよ!「他人の不幸は蜜の味」っての理解できるけど、そんな暇があったら、もっと自分を大切にして、自分のことだけに集中して幸せになろう。他人のあら探しをする暇があったらブログを1記事更新しよう!またね~