文化服装学院 をすすめられない8つの理由(服飾の東大とか言わないでwww)

文化服装学院 に起こっている

文化服装学院 をすすめられない8つの理由(服飾の東大とか言わないでwww)

文化服装学院 への進学を考えている人は特に読んで欲しい。では、これからファッションデザイナーを目指す方へ、2010年に 文化服装学院 アパレルデザイン科を主席で卒業したオイラのアドバイス(文化時代の作品ページ)。未来のデザイナーを目指すあなたの夢を壊す様な事を言いたくはわないが、聞い欲しい。「自分は違う、将来はパリコレデザイナーになるんだ。」と、聞く耳を持たないだろうけど…。では、本当は 文化服装学院 をお勧めしたいが、お勧めできない8つの理由〜

文化服装学院 では3年間縫製だけをやらされる

入学前のあなたは、文化服装学院 が縫製ばかりで大変な事を既に知っていて、この試練を乗り越えたらデザイナーに成れると思ってるだろうけど、課題を一生懸命にやってもデザイナーにはなれない。 この学校は1年生で縫製の基礎を学び2年目、3年目はデザインやそれぞれの学部の専門を学べると思っているだろうけど、間違いだ。アパレルデザイン科でもファッションビジネス科でも学ぶものは1に縫製2に縫製3,4がなくて5に縫製だ。教師が縫製の学校を出た人しかいため当然か。業界経験者はゼロですよ。文化を卒業してから教師になるか、1〜5年で会社を辞めて文化に駆け込んできた先生ばかりです。あなたは、そもそも針子に成りたいわけじゃないから縫製なんかどうでもいい。この学校は、3年間ずーっと縫製の勉強をする洋裁学校だ。毎日徹夜して洋服を作っても卒業したら無職。あなたにはパソコンスキルも何も身に付かない。Game over!

文化服装学院 は就職の面倒をまったく見ない

これ言ったら入学するのやめてくれるかな?アパレルデザイン科の私のクラスは35人中5人しか就職できていない。それも企画職とかじゃなくて契約社員の販売員。それを見て担任は知らん顔してるから驚き。とにかく、この学校はアパレル業界とのパイプが遮断されているため就職に弱い。大学の教授だとゼミの生徒の就職先を必死になって探してくれたりしますが、ここの教師は縫製以外はノータッチです。あなたの人生なんて知りません。義理も人情もあったもんじゃない。と言うより教師に社会との繋がりが無いし、社会から逃げてきた教師ばかりなので外の世界に人脈が無いのだ。 文化服装学院 の生徒も文化女子大学の生徒も就職に苦労している。リーマンショック移行の不況の影響もあり文化の生徒の9割はフリーターに成ったと言っても過言ではない

縫製のスキルでは食べていけない

洋服を作ってネットで販売して自分で会社を起こそうなんて甘い考えを自分もした事がありますが、はっきり言って3年間の洋服を作るスキルではまだまだです。ジャケットを作るのに1ヶ月はかかります。そんなんじゃ、商売なんてできないし今はOEM(生産企画会社)が沢山あるのでビジネスを考えている方は外注して作った方が現実的です。ここを卒業して分かった事は洋服を作るのって大変って事だけです。今では自分のボタンが外れたシャツにボタンを付ける事も億劫になっています。10年前ならプリントTシャツでも稼げたと思いますが現代ではTシャツも900円程度でデザイン性の高いものが沢山あります。ECも一般的となり飽和状態ですのでやめた方が良いです。Yahoo!オークションで子供用のよだれかけを作って販売するのが限界ですよ

文化服装学院 は学費が高い+α

儲けよう儲けようとする学校には裏がある。学費は私立大学並みに搾取されます。それだけなら割り切る事もできますが、実際には15万円ほどするBunka×Brotherコラボのミシンを直線用ミシンとロックミシンの2台を半強制的に買わされ、その他にも文化出版局の教科書や雑誌「装苑」を1年生は強制定期購読させられます。あと、課題として通年を通して布や糸の副資材にバカにならない費用がかかってきます。最近は日本の大学でさえも、学校ビジネス全体が 文化服装学院 みたいに搾取搾取の経営方針になっている傾向にあるので、本当に学校選びは大事ですね。

文化服装学院 は学校が生徒集めに必死

1年の半分は 文化服装学院 の文化祭の準備の手伝いをやらされます。ここの学祭は、高校生をターゲットにしたイベントで在校生は奴隷のように学祭の準備をやらされます。それも高い授業料を払っている生徒のカリキュラム時間を使って文化祭のプロモーションの準備をするんです。この準備のために大切なカリキュラムの半年間は終了します。学校は生徒集めに必死です。入学してしまった生徒の事なんかくそ食らえです。

文化服装学院 はデザインの学校ではない

アートを学びたいデザインを学びたいのであれば 文化服装学院 はお勧めできません。アートを学びたければ美大に行きましょう。芸大まで行けなくてもいいですから日大の芸術学部や武蔵野美術大学、多摩美術大学に進学する事をお勧めします。この学校で学べる事は縫製だけです。パリコレや東コレが好きそうな生徒を集めるためにファッション業界の登竜門的な経営戦略で生徒を集めようとしますが、パリコレや東コレはこの学校とは一切関係ありません。そっちの方向へ進みたければ海外へ今すぐにでも行きましょう!絶対です。語学留学でもいいです。その方が近道かな。

文化服装学院 じゃアパレル貧乏になる

卒業生にはバイヤーや企業デザイナーになってお金を稼ぐ立派な方もおられます。大手アパレル企業で若くして海外出張にバリバリ出ておられる方もおりますが、レナウンが中国企業に買収される時代ですよ。2010年の 文化服装学院 の卒業生の90%はアパレル業界で働けていていません。それでもアパレル業界で働きたいのであれば、上智大学や慶応大学など有名大学に行った方が正解です。アパレル企業の人事の方も洋裁学校の卒業生を大学生を比べてみると大学生を採用するのが変わらぬ日本の慣習です。結局は、現役で良い大学に進学しろとしかアドバイスできません。大学へ進学してから「ファッションビジネス研究」みたいなゼミに入るのが良いと思います。そんなゼミがあるのか分かりませんが、サークルを立ち上げて研究するのも良いですね。また、働いてもアパレル業界の雇われ社員の給料はくそ食らえです。アーティストってそんなもんですよね。厳しい世界です。

ファッションのコモディティ化

ファッションはコモディティ化している。そうなると、価格競争でしか生き残っていけない。結果、売れない。従業員を安く雇う。ファストファッション万歳\(^o^)/の時代。そんな時代だからファッション誌なんか読む人もどんどん減って、人々の興味はソーシャルメディアへ。「ファストファッションを着こなすブロガー」の人気が急激に高まっている。「ファッションをコモディティとして扱うな」という反論は、ほんの一握りハイブランド(ルイヴィトンとか…)だけにいえること。こんなのオイラが書かなくても世界中でいわれていること。このブログを読んでいるあなたの服だってファストファッションでしょ?日本のデパートのファッション売り場が死に体なのは明らかな一方で、ファッションストアーでは $5 $10 の洋服を買うためにお客でごった返している。そんな業界に飛び込むなんて、橋から飛び降り自殺するようなものだよ。やめとき。

Microsoft Office Specialist に120%受かる3ステップ【Word編】
Microsoft Office Specialist に意味があるのか?資格の問題点、評価など

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Follow on Twetter !
Tags:
108 Comments
  • ぜきおお
    Posted at 06:49h, 31 October

    あまりに素晴らしい記事で涙が出そうになりました。このURLを是非ヤフーのトップページとかグーグルのスポンサーページにリンク貼って下さい。感動した!

  • ぜきおお
    Posted at 07:21h, 31 October

    このブログを孫さんとかにリツイートしてもらえればなぁ

  • すえ
    Posted at 22:52h, 31 October

    非常に興深い内容でした。
    二年前ですが、僕の友人に会社を辞めて、アパレルになりたくて、
    文化服装学院に行くと決め込んで学校に行った方がいます。
    先日、その彼に電話したのですが、どうやら彼もその90パーセントの仲間入りしそうでした。

    • takapon
      Posted at 23:30h, 31 October

       すえさん、コメント有難うございます。やはり、その彼もアーティスト気質なのでしょう。10年前ならともかく、今は文化に行ってもWorld・オンワード・ユニクロなどの大手への入社は100%できませんし、自分で起業するにもアパレルの時代じゃないですからね。日本のビッグデザイナーでも倒産したりと苦しんでいる時代です。道を開いて欲しいものです。

  • ぜきおお
    Posted at 02:24h, 05 November

    文化服装学院を勧められない8つ目の理由。文化祭がくそダサイ。数千人の学生を半年近くフル稼働させてあれだけのモノしか出来ない。業界の風を知らない教師のオナニー文化祭には本当に唖然とします。一刻も早くアパレルみたいに全員、契約社員にしたほうがいいです。

  • Barbiecat
    Posted at 02:06h, 17 November

    もう130万円学費+14万円ミシン代15万円学生用品代払わせた、しかし教室五時ぐらいに閉まる、学校で自習できない、日曜日と祝日も学校閉まる、お金騙された、夢を壊された、来年何処に行けば分からない、他の留学生に差別もあるって聞いた

  • Barbiecat
    Posted at 02:10h, 17 November

    アメリカのデザイン学校に行きたいげと、お金なくなった、勉強になれなかったし、課題か多くて、体も壊れた、自殺したい

    • takapon
      Posted at 05:04h, 17 November

      Hi! Barbiecat. Thank you for your comment. Are you OK? オイラも辛いよ。。。世界同時不況だし…You have to go NY!文化服装学院は問題点多いよ!仕事は、給料でないアシスタントなら頑張って探せばあるよ。私も行ったけど給料 出ないんだよ、無理だったからすぐに辞めたわ。

  • Barbiecat
    Posted at 02:26h, 18 November

    ありがとうございます、facebookにshareしましたよ、東京モード学園に行きたいげと、また入学金払うから高いと思って、一年間バイトして、アメリカに行くほうがいいかも、モード学園は文化より良い?最初から行けば学校続けるかも知れない、文化は五時で教室閉まるから、学校で宿題やる時間が短いのに、毎日掃除で時間かかる、毎日皆で掃除、たまに忘れたら帰る何処で、先生に見かけたら、皆で掃除なのに、なぜ帰るの?って言われた、先生に休学でお勧められた女の子は、今毎日歌舞伎町で遊んでいる、そちらで友達沢山できたからって、学校の友達に会いたいから三日間ずっと学校に遊びに来たら、先生に:あなたこちに来て、学校何が毎日遊びに来る何処じゃないよって言われた。この学校に入てから世の中の冷たさが初めてわかったの、ここは学校でしょ?酷過ぎるよ

    • takapon
      Posted at 03:36h, 18 November

      Hi Barbiecat. facebookでshareしてくれてありがとう!
      1.アシスタントは日本のブランドです。アメリカの情報はわかりません。でも、アメリカでは学生ビザでのアルバイトはできないと思いますよ。
      2.自分もアパレル業界への就職率100%の東京モード学園への進学を最後まで考えていましたよ。いいかもね!モード。友達は文化で内定もらえなかったので東京モード学園へ進学しました。
      ・モードの夜間コースでも就職100%支援してくれるそうですよ!バイトしながらモードとかおすすめかも。

  • Barbiecat
    Posted at 02:33h, 18 November

    アメリカで給料出ないアシスタントあるの?良いかも、授業料かからないから、ファッション業界も入れるし、他にアルバイトすれば生活できるかも、

  • Anonymous
    Posted at 03:50h, 20 November

    ありがとうございいます。モードにいきたいです、多分open campus で試してみたほうがいいかも、授業料も安いし。

  • Anonymous
    Posted at 03:54h, 20 November

    ありがとうございいます、多分モードのopenキャンーパスで試してみたほうがいいかも、授業料も安いし。

  • Barbiecat
    Posted at 22:37h, 20 November

    ありがとうございます、モード行きたいげと、入学金かかるから、オープンキャンパースに勉強して、二年生から入れるといいね。ほかに何かいい方法があったら教えてくださいね、最初はモードの授業料少し高いと思って、文化に行きました、でも文化でミシン買わされた、モードの教室9時ぐらいにまでに使える、ミシンも一人一台、今のクラスにモードからきた留学生がいる、彼はファッショビジネス忙しくて、モードで半年しか行けなかった、中国にビジネスしに行った、文化に行っても忙しくて学校続けなれない。

  • さよ
    Posted at 10:36h, 09 January

    文化服装学院卒業生です。
    アパレル技術科卒業です。
    新卒で普通に一部上場企業に正社員で入ったし、
    8割は就職出来てましたが。
    何でもかんでも学校のせいにするのはどうかと…
    おじゃましました。

    • takapon
      Posted at 17:19h, 09 January

      さよさん、コメントありがとうございます。リーマンショックの影響もあるのでしょうか、この年は就職率100%と言われているアパ技の就職率も酷かったです。

    • ハセ
      Posted at 02:42h, 09 April

      自分もアパレル技術課卒業です。新卒でワールドにパタンナーとして就職しました。今はわかりませんが当時はアパレル技術課卒業生は100%近い就職率でした。
      会社に8年程在籍後、自分のブランドを立ち上げました。それなりに成功しています。
      自分よりも後の卒業生でもデザイン科卒業の高橋盾君とかはパリコレ等でも大活躍しています。
      普通の大学生と違って洋服漬けの三年間は役に立っていると思います。

  • ヒソカ
    Posted at 09:09h, 01 May

    卒業生です。
    どこに行っても自分次第じゃないでしょうか…
    そこで、入って良かったと思えるようにするのは自分。
    全て周りのせいにばかりしてないで。
    ちゃんとやってる人はやってたし、もちろんそうじゃ、ない人もたくさんいたし。
    ネガティブですね。

    • takapon
      Posted at 21:22h, 07 June

      >ピカソさん
      コメントありがとうございます。ポジティブに頑張ります!

  • 文句なし。
    Posted at 16:12h, 02 July

    一部同意見です。
    確かに縫製に費やす時間がほとんど。
    ですが、デザインに関する勉強は一応しますよね。
    それが社会に通用するのかは自分の努力やセンス次第だと思います。
    就職の為の時間を作ってくれないというのは本当ですし、卒業前のカリキュラムは最悪ですね。
    信じてコツコツやっていた自分がアホでしたよ。
    金をドブに捨てるのと同じでした。

  • takapon
    Posted at 03:46h, 04 July

    >文句なし。
    そうだ!そうだ!

  • niau2754
    Posted at 02:29h, 07 August

    すごく具体的でわかりやすかったです。
    この文章力があれば、ちがった道にすすめるのではないかと、、、

  • takapon
    Posted at 06:44h, 07 August

    >niau2754さん
    コメント有難うございます。
    なんか、こんなブログでも褒められてとても嬉しい^_^
    現在は警察官になるための試験勉強中なので
    なかなかブログの更新ができませんが
    そのうち沢山ブログ更新できる生活を送れるように頑張ります。
    警察なったらそんな時間ねーか(^_^;)

  • sayu
    Posted at 21:32h, 12 August

    文化の汚点は誰も教えてくれなかったのでだいぶん参考になりました。
    文化祭に力を入れすぎていて確かに就職も難しそうです、、、
    有名な人を多数輩出している学校なので期待は大きかったのですが
    やはりアパレルはセンスがものをいう世界なのでそう簡単ではないですよね。
    大学でこつこつ勉強して可能性を広げられるようにがんばります。

    • takapon
      Posted at 07:27h, 13 August

      >sayuさん
      コメント有難うございます。有名な人を多数輩出したのは大昔の話です。学校は有名デザイナーの名前を使って学生集めに必死なのです(^_^;)オイラも大学を卒業してから文化服装学院に行きました。もし行くなら文化服装学院よりも文化ファッション大学院大学ならまだ良かったかも。。。又は、東京モード学園行ったり、海外へ行ったりした方が良いかもね。行ってないからわかんないけど。東京モード学園の就職率100%だってw怪しいけど。しかし、私は文化に行ったくせに最近思うのは、アパレル業界の未来は暗いってこと!オイラはファッション大好きだけど、この業界で働こうと思ったら日本じゃ無理だね。2035年には3人に1人がジジイ、ババァの国ですから

  • 服飾学生
    Posted at 00:07h, 15 October

    確かに専門学校はどこも就活なんて手伝ってなんてくれないですよね。私は文化の連鎖校にいってるのですが学費は安いしあまり生徒がいないからよく先生に教えてもらえていいです。(年間学校に納入するのは80万するかしないかくらいです)。何かを強制させることもないし課題もたくさんありません。
     しかし、こんな甘い感じでいいのかといつも思います。就活は自分しだいですよね…

    • takapon
      Posted at 01:08h, 15 October

      自由な時間があるなら、沢山コンテストに応募したり、就職したいところでアルバイトするといいよ!

  • YuYu
    Posted at 01:40h, 27 October

     80年代前半(一応不況時代)にアパレルデザイナーとして企業に入りました。今はデザイナーではないけど・・・主婦です。自分はモード卒です。たしかに、文化出身のデザイナーに出会うことはなかったので疑問でした。文化は有名なのにね。文化のことは薄々気がついていたけど、ここで再確認できました。授業はパターンや縫製ばかりみたいだものね。先生も企業経験者は少ないみたいですね。
     今、文化系の先生(個人経営の教室)に趣味でパターンと縫製を習っているけど「あなたデザイナーだったくせにパターンや縫製が苦手よね」と嫌味を言われます。パターンと縫製をするのがデザイナーだと思っている点が文化の特徴ですよね。企業ではデザイナーはデザイン画や企画力を求められますから、方向性が間違っていると思います。うちの実家も親戚もアパレル業だけど、自転車操業で昔から超超貧乏。そして私のデザイナー時代はと言えば、残業して夜中の12時近くに家に戻る生活なのに給料は、一般事務員と同額!!・・・・厳しい世界ですよ。若者は華やかな仕事だと勘違いし憧れるけど、使い捨ての業界だと思う。

    • takapon
      Posted at 02:38h, 27 October

      YuYuさんコメント有難う!
      すっげー!やっぱり経験者は分かってくれるんだなぁ。うれしい・・・
      それと、みんなも分かってきただろうけど
      文化よりモードが有力かもよ!参考までに。。。

  • YuYu
    Posted at 03:56h, 27 October

     文化は、文化式の原型が良いので、パタンナーさんを目指すなら文化はいいかもしれません。パタンナーさんの文化出身者はよく見かけますから。 また、モード以外だとエスモードもデザイナーの就職はいいかと思います。両行ともに厳しい授業が特徴です。比較をするとエスモードの方がこじゃれてます。モードは大手の強みがあります。先輩デザイナー(優秀)は杉野が2人、同期や後輩デザイナーはモードが圧倒的に多かったです。田中千代の後輩も優秀でした(80年~90年代当時)。企業は学校さんとのつながりも大切にするので、1校に集中しないと上司から聞きました。さまざまな学校からバランスよく採用すると思います。上記の学校なら比較的安心だと思います。MDは有名大経済学部出身の男性が多かったです。服の知識は要りません。入ってからしごかれます。MDも過酷な職種なので、精神的に強い人がいいです。家庭を持っていてもリストラされていく人をよく見かけます。哀しいです・・・でも、デザイナーにしろパタンナーにしろMDにしろ夢のある楽しい仕事でもあるので、頑張る気のある若者はトライしてもよいと思いますよ。

    • takapon
      Posted at 04:05h, 27 October

      以上、YuYuさんからの貴重なアドバイスでした!
      YuYuさん有難うございます。
      みんな、絶対に参考になるよ!頑張ろうな(^_^)/

  • Hajime Katano
    Posted at 15:18h, 25 April

    そ…そですよね

  • あおい
    Posted at 22:37h, 07 May

    それはあなたが落ちこぼれだったからでは?
    もしくは周りが落ちこぼれだったか

    わたしは真面目にやってきてちゃんと大手にデザイナーとして就職しました
    わたしのクラスでは70%就職がデザイナーとして決まりほとんどが大手でした

    ちゃんとやってる人にはそれだけの成果があらわれます
    しかも、就職なんて子供じゃあるまいし自分の足で手で行うことです
    学校はハローワークの場ではありません
    あなたこそ考えが甘過ぎます

  • takapon
    Posted at 23:53h, 07 May

    匿名希望さんから頂いたコメントをオイラが載せる

    卒業生です。デザイナーを目指して入学したのにデザイナーにはなれません、ほとんどの人が販売で採用されます。好きなブランドに就職できるわけではないし、好きでもない服を買わされそれを着て販売をしなければならないし店もあるし、楽しくありません。お金のためにわりきって働いてるかんじです。また、服を作るのに必要な知識はたくさん教えてくれますが、そのうち就職して使える知識はごく一部です。文化は、服装科と分けるのではなく、デザイナーを目指す科やパタンナーを目指す科などに分けるべきだと思います。基礎科は要らない(証明終了)モードへ行こう(提案)ドレメへ行かなきゃ…(使命感)

  • Salksalk
    Posted at 21:38h, 18 May

    現在30代半ば、20代前半に卒業しました!とても興味深く読ませていただきました。卒業後は販売員をしたあと、企画、その後ファッション誌、今はファッション含めたビジネス関連の仕事をしています。私は筆者さんより一回り歳なので、違う意見ができるかと思い、コメント残させていただきます。
    1に関して。縫製をものすごくやるのはその通りですが、デザイン論や解剖学や服装史やファッションビジネスなどなど、いろいろ学べたことはあるはずです。課外授業も本格的なショーや伝統芸能など、学生ではなかなか見に行けないようなものを見れたり、これを生かすも殺すも自分次第ではないかと思います。
    先生は確かに、卒業後のアドバイスは出来ないかもしれませんが、、、でも本当は先生なんかに頼らず自らの足を活用して欲しい!
    2に関して。学校選びのエージェントの仕事をしてたこともありますが、これはどこの専門、大学も一緒です。ただ、私や私の周りは、卒業後すぐに就職はしませんでしたが、なんだかんだいってファッション関連の仕事してます。スタイリストやモデルや、販売やプレスや企画や、ファッション誌関連でも卒業生に結構会ってます。クラブやショップなど学校以外で業界の先輩と知り合いになったり「アシスタント探してるんだけど」みたいな話もあったりします。
    3に関して。確かに“自分の手で服を作る”という仕事をしてる人は、ファッション業界においてもほんの一握り。
    4に関して。専門学校ビジネスにはパターンがありますが、あの界隈、たとえばモードやバンタンなどの搾取っぷりに比べたら文化なんてまだマシだと思う。。ミシンなんて私は安い通販のミシンを持ってたので買いませんでしたよ。
    5に関して。これはどこの学校も同じです。ショーの手伝いに関しては、アパデがそうなのかな?2年の時に間違えてw大変なものに立候補してしまい忙しい仕事をやってしまいましたが、それ以外はショーの手伝いの記憶は残ってません。
    6に関して。アートがやりたくて文化に来るとしたら思慮浅すぎ。。パリコレ、東コレはもちろん専門学校となんら関係ありませんが、そういう道は自分で開拓していくものでは。そういう意味で、学校のスタッフに聞くなり業界の先輩を訪ねるなり、自分の足で道をつなげることができるはずです。消極的な人は海外に行っても無理です。
    7に関して。一理あります。現在は、ファッションデザインは出尽くしちゃっているのが事実。結局マーケティングによって、どう売っていくかということになるので、純粋にデザインしてお金も稼ぎたい、という人は難しいかもしれない。

    どんな環境も生かすも殺すも自分次第です!

    • takapon
      Posted at 22:02h, 18 May

      先輩のSalkSalkさんからこんなに沢山意見をいただけました。みなさん、感謝ですね! “どんな環境も生かすも殺すも自分次第です!” ってところ肝に銘じます。

  • レム
    Posted at 23:47h, 25 July

    悪い点が端的にまとめられていて面白かった。嘘でも大げさでもない。中でも文化祭は、トップがセンスないと悲惨な結果になる。
    文化の教諭は意地悪な人や口が悪い人が多いから精神面は強くなる利点がある。

  • ヒロ
    Posted at 21:40h, 01 August

    筆者の意見に同意します。敷居の低い専門学校は所詮ファッションだけのおバカさんの集まりです。この就職難の時代にきちんとした企業に入れるわけない。たいがいショップ店員で終わり…私の父は当時めちゃくちゃ入学倍率の高い桑沢デザイン研究所の卒業生で今もデザインの仕事をしていますが、デザインの専門学校へ行くより4年生大学へ進学する事を強く進められました。上記はアパレル業界に詳しい父のウケウリです。

    • takapon_JPN
      Posted at 23:10h, 01 August

      コメントありがとう!桑沢デザイン研究所卒、現在もデザインの仕事をしているお父様。ステキ…

  • Anonymous
    Posted at 15:30h, 28 August

    文化服装学院広島校のADの学生です。とりあえず広島校は設備が良くないし、図書館なら小さな閲覧室しかない。利用する学生を見たこともない。あるのは主なファッション雑誌で、十種類あったかな、という程度。本屋で立ち読みしたほうがマシ。学費は東京より安いけど、あれを文化服装と思って入学すると東京との差に落ち込むと思う。広島なら小井手のほうを薦めたい。ショーのクオリティーも、向こうなら美容コースと共同だから。広島の文化は少人数だから作った服は自分で着てモデルして、セルフメイク。書きたいことはたくさんあるけど、広島は、もともと別の洋裁の学校を買い取った校舎だから、玄関に前の学校の創設者の銅像があったり、前の学校の関係で使えない部屋があるし、ちぐはぐ。卒業製作とサポートなしの就活がかぶって、思うように動けない。卒業生は大抵販売員になってます。あと、じつは東京校とカリキュラム違うよ。

    • takapon_JPN
      Posted at 23:10h, 01 September

      広島校の子、コメントありがとう!結局、文化服装学院ってのは生徒集めと金儲けに必死でアートとかどうでもいいの。みんなファッションデザイン学びたかったらパリに行け!世界に羽ばたけ!

  • asly137
    Posted at 09:31h, 29 September

    卒業生です。
    どなたかが仰ってた様に、全て自分次第かと。
    なにかにつけ、周りのせい&言い訳をしているうちは、何処に行っても同じです。
    私は文化に通った事を後悔していませんし、当時の仲間とは今でも繋がっています。勧めるも勧めないも自由ですが、合う合わないは最終的に自身で決めること。

  • 匿名
    Posted at 10:00h, 29 September

    とてもとても共感します。
    実際、会社にいる文化の方もかなり使えません。
    そしてなぜか理論だけは通っているのですよね。

    文化を誇っている人ほどダメな気がします。
    そのヤバさに気付いている人は、きっと大丈夫です。

  • Anonymous
    Posted at 10:13h, 13 October

    文化服装学院、ファッション工科基礎科を経てアパレルデザイン科に進学、卒業しました。私のクラスでは7割~8割の方が就職しましたよ。
    就職できないのは自分の実力ではないかと。

    それと縫製ばかりを教えているのではありません。
    縫製、縫製と言ってるのは縫製しかしてなかったのかな?他の授業は聞いてなかったのかな?

  • 文化のまわし者
    Posted at 00:02h, 17 October

    20066年度スタイリスト科卒業です。
    僕の周りは9割就職活動をしませんでした。
    もちろん教員もなにも言ってきませんでした。

    一年間に新入生歓迎ショー・夏休みのFF・文化祭・卒業ショーと
    就職活動なんてしている暇ありません(←いいわけ)

    しかし、あの環境に入れたことはそれだけで
    多額の授業料を払った価値があると思っています。
    敷地に入るとキチガイばかりでガラッと雰囲気変わりますよね?w

    ずっとショーの映像関係をしていたのもあって、
    現在は大手アニメ会社で働いています。

    私はアパレルに見切りを付けましたが、
    アパレル出の考え方や視点は現在の仕事にも役立っています。

    教員の方々に遅刻するたび
    留守電に「もう来なくていいから、しねば」と
    入れられていたのは良い思い出ですw

    私は良い学校だったと思いますよ。

    みなさんが言われてますように、
    「生かすも殺すも自分次第!」

    長々失礼しました★

  • まーしー
    Posted at 01:24h, 27 October

    文化中退したものです。私の周りの卒業した同期はみんなちゃんと就職していますし、中には先生の紹介で就職した人も何人か知っています。先生も卒業展示見に行った時に私の事を覚えていてくれましたし街であったら声かけてくれ、将来の心配までしてくれていい先生に出会えたなと感謝しています。
    私はむしろなんで辞めてしまったのかと後悔してるくらいです。
    卒業もせずにこんな事いうのはおこがましいと思いましたが、自分の態度次第で先生との関係も勉強ももっと自分のプラスにできたのではないでしょうか?
    私はお金を貯めてまた文化服装学院に通うつもりです。

    • @takapon_JPN
      Posted at 01:35h, 27 October

      そうだよね。全ては “自分の態度次第” だよね。応援しています!

  • CAZ
    Posted at 06:33h, 31 October

    時代の流れか、AD卒業して15年。円形校舎が壊され新校舎の工事真っ只中の時代です。プライド高き8階と最上階がAD3年の教室でした。
    当時超氷河期にもかかわらず遅刻欠席に問題なければ先生がいろいろと相談紹介口利きしてくれました。しかも自分の年だけ?AD3年とだけで一クラス99人と酸欠寸前でしたが、担任が二人いました。お二人とも人脈広かったなぁ。
    確かに縫ってばかりだったけど小杉先生からは、こだわる1ミリどうでもいい1センチと教えられ、学び、自分のものにしていきました。当時の流行傾向にあったもので、付加価値をつけなさい、といわれたり、3年なんだからプロ意識持ちなさい、学生とはいえセミプロなんだからといわれました。
    自分の努力しだいとはいえその時代の流れもあるし運もあるのかなと。
    今のADの先生はわからないけど、先生の質もあるのかな?

    • @takapon_JPN
      Posted at 11:30h, 05 November

      そうなんですよね。昔のアパレルデザイン科と今のアパレルデザイン科は全くの別物だと聞いたことがあります。

  • ヒゲモヒ
    Posted at 21:30h, 01 November

    お邪魔します。
    コメント欄に同期と思われる方がいますね…。

    この学校に入り、中退・卒業して成果を出している友人も極少数ですが私は知っているので、人それぞれだしやり方次第と思われます。

    いろんな文化や伝統を含めてファッションと言えるのであって、
    その理屈から学校自体も触り程度の何かしらのヒントは与えてくれます。
    しかし、それ以後は自分自身のアンテナやセンス、得手不得手等の自己分析を問われます。
    様々なファクターを吸収し、考え、自分から掘り下げる姿勢が必要です。

    特に音楽とファッションは切り離せない存在です。
    音楽と関連性のあるファッションが好きで入学し、文化祭のファッションショーのパートで音響効果を担当、それがきっかけで本格的に音楽に目覚め、そちらの方面で活動しています。
    学校内の友人の繋がりで日本の音楽やファッションを左右する事にも携わったこともあります。

    なにもファッションの学校に入ったからと言って、
    それだけが道ではないです。
    人生は、いつ、どこで、何のきっかけがあるか分からないですから…。
    ここにはたくさんのきっかけがあると思いますよ。

    結果として、私はいろいろな面で中退しましたが、手に余る程のきっかけを得ましたし、社会からちょっとはみ出た性格を持つ友達の少なかった私は、長く付き合える気の合う友人をたくさん見つけることが出来ましたし、良い学校です。

    ただ、書かれている内容には兼ね賛同です。
    ここはデザインの学校ではなく、作図・縫製技術を学ぶ学校だと思います。
    あとはいかに授業や課題の抑圧をくぐり抜け、好きなことや課外活動に時間を費やすか。

    実際に入学すると、学校自体のイヤラシイやり方も垣間見えますし、カリキュラム等にも反発・疑問を持つことで創作の原動力になったりすることもあるので…各々のやり方次第ですね。
    ホントに。

    長文失礼しました!

  • S
    Posted at 23:32h, 17 November

    共感しながら読みました。
    いい記事有難うございます。
    私は今文化に通っている留学生です。
    デザイナーになりたくてわざわざ留学まで来たのに、
    学校のカリキュラムが気に入らないし
    さらに、おっしゃったどおり、縫製だけですね。
    ファッション画の授業があっても、一週間で1時間目しかないし、
    ま、この学校出て就職した人は自分の次第だと言うんですが、
    元々勉強してから来た人と最初から学ぶ人がいるから
    その差がとても大きいだと思ってますよ。
    一番嫌いなのはクラスは狭いのに人は多いし、机は小ちゃいのに二人一緒に使うことですよ。
    それはどこの国のファッション学校に行っても、机は大きいです!

    • @takapon_JPN
      Posted at 01:13h, 18 November

      Hi S!
      Where are you from? あなたの日本語の素晴らしさに驚いています。そんなに上手く日本語を使えるようになっただけでも素晴らしいじゃないですか。縫製なんて適当でいいんです。日本人の友達をたくさん作ったり、発想力とかデザイン力を磨いて下さい。そして、どうしても不満があればパリやミラノへ行きましょう。Good luck!

  • tapper
    Posted at 02:18h, 18 November

    私はこれから入学を考えている者です
    高校出ていろいろ仕事をして
    一度ショップ店員を経験し
    デザイナーになりたければ学校に通う方が早いと思い
    今は学費を貯めるために働いています

    正直、何になりたいのか定まっていません
    デザイナーになりたいけど自分に才能があるのか
    それで生活できるのか
    手先の器用さだけは自身があるからお針子みたいな仕事もいいんじゃないか
    写真を撮る事が好きだからカメラマンもいいんじゃないか
    そう思ったので
    文化なら幅広く学べると信じ入学を志していました
    学校ではいいところとしか聞けないので
    この記事はとても参考になりました
    また、寄せられたコメントも読ませていただいて
    実際の学校の対応や卒業後の進路など知ることができて
    とてもよかったです
    まだ文化に行くかどうするか迷っていますが頑張ります

    • @takapon_JPN
      Posted at 09:32h, 18 November

      Hi tapper,
      この記事は2010年の卒業直後に感じたことなので、参考程度に!文化の先輩でも時期とか世代によっては業界のトップで活躍している方も沢山います。自分で学費を貯めてから入学を目指しているなんて、偉い!何も言えねぇ。…才能はあるんだよ!自分を信じて!自分の好きなことにチャレンジできる学校を、文化でもエスモードでもモードでも色々あるから真剣に選んで!大学なんかでも学べるところがあるかもしれない。文化ではとにかく縫製が80%ってことは確か。

      • plentysoul
        Posted at 16:53h, 11 October

        ここからの返答ですみません。私は文化服装学院ファッション工科専攻科の卒業生です。
        今、学院はそんなに就職率が低いのでしょうか?
        だとしたら、他の日本のファッションの専門学校はもっと悲惨なのでは??
        他の専門学校の状況をきちんと把握してこの記事を書きましたか?
        私は今はアパレル業界に従事していませんが、文化を卒業して本当に良かったと思っています。私の同級生は文化を卒業して数年日本で洋裁学校の教師をしてからフランスに渡り、現在はジバンシイのメゾンで働いていますが、「他の学生は絵は描けるが現場で縫えない。私は両方できたから、バレンシアガのアシスタントだった時にニコラ・ゲスキエールに評価されて採用された。文化でさんざん縫わされたのが本当に良かった」と言っていました。
        確かに今、就職の仕方が多様化しているのかもしれませんがもっと視点を広げた方がいいですよ。
        文化服装学院の卒業生より

  • K
    Posted at 07:43h, 28 March

    ファッション大好きで今年中に海外留学しようと前からお金貯めていて、でもやはり1人で海外留学は心細く、日本のファッション学校を調べたところこの記事を見つけ、とても興味を持ちました。ここまで思ったことをまっすぐに書いてくれて本当にありがとうございます。資料を取り寄せてしまったけど、危うく留学を辞めるとこだった!!

    • Takanori
      Posted at 01:38h, 29 March

      人のためになれて良かった。ありがとう。本当にファッションが好きならパリですね(行ったことないけど)。現在、私はニューヨークにいますが、そう感じます。ヨーロッパの色々有名なファッション学校に行くと良いんじゃないでしょうか。

  • Ashita Ooshige
    Posted at 14:50h, 04 April

    どーも。夜遅くに失礼します。4月から二年に進級する者です。記事大変興味深かったです。が、一年やってみて、縫製がそんなに多かった、就職に関して何もフォローがない、とは感じませんでした。ちなみに私はアパレルデザイン科ではなく、去年から、スタ科とビジ科がくっついた流通科なのでデザインのことはよくわかりません。実際どの科であれ確かに縫製はやらされます。しかし、他のこと(コーディネートであれファッションビジネスであれ)もたくさん学びました。自分自身で何も動かず、納得の行かない結果になってしまったからといって学校の悪いところばかりをピックアップし責任転嫁するのはどうかと…、どんな世界に行っても自分から動かない人に納得の行く結果はついてこないと思います。

  • Jeff
    Posted at 02:03h, 24 April

    This is not a fashion school
    It’s a big training center that teaches sewing and patterning and the school is good at those things.

    However, in arts / fashion field, the school is like shit.
    The teachers, they really don’t know a damn thing about what is going on around the world’s fashion industry.
    What they do do, is to deplete your passion toward fashion by endless sewing works.

    I am freshman at the school, considering drop out next year.

    • Takanori
      Posted at 05:54h, 24 April

      Hi Jeff,
      I recommend you to drop out this school earlier and get into a real fashion school in Paris.
      Thank you!

  • ym
    Posted at 00:49h, 25 April

    はじめまして!

    数年前のテキストなのに、半永久的に読者の心に響く力を放っているエントリーですね。
    私は文服出身者ではありませんが、読むだけで目の当たりにイメージが浮かびます。
    私の大学時代の友人が大学を卒業してから、1年間某大手アパレルメーカーで販売員をやった後に文化へ入学しました。
    どこの科だったかは忘れましたが、大学は現役で卒業して1年たってからの入学でしたから、文化を卒業する頃(2004年)には既に27歳を回っていました。
    文化で学んでいた時は文化祭の準備や毎度出される課題(私が見たのはビーズ刺繍)にそれなりに懸命にとりくんでいたと思います。
    ただ、卒業後の就職が上手くいかず、雑貨やアパレル関連の販売員のアルバイトを始めたり辞めたりしながらひどく愚痴をこぼすようになり、どんどん疎遠になっていったことを思い出します。
    「販売員なんて学歴要らないし、かといってパタンナーなんて・・・絶対デザイナーがいい」が口癖でした。
    ドが付くほどの素人の目からみれば、裁縫を学んだのだし、その業界では文化式を使ってるのが多いとか聞くから、パタンナーから入ってコツコツ人脈とか作ればいいんじゃないの?と思っていたのですが、彼女は理想が高かったみたいです。
    業界のことは門外漢の私ですが、友人のためにいろいろ考えて提案はしました。
    「フリマに出したら?」
    「ペットやドールの衣装のデザインは?」
    「ハンドメイド1点ものでテスト販売としてヤフオクで売ったら?」とか。
    それを聞いた時は水を得た魚みたいな顔をするのに、次に会う時は意気消沈して愚痴るだけ。
    提案しても否定から入られるようになり「他人に批判されるのが怖い」と言っていたのですが、そもそもそんな考えだと向かないんじゃないかなと思っていながら、彼女がそれまでに投資してきた費用や時間を考えると今更言えませんでした。
    本当に自分で道を切り開く人は黙って真っ先にフリマでもヤフオクでも発表しているものだということに、自分で気づいて欲しかったのですが。

    毎週末に会って愚痴を聞いてよと言われていたのですが、私も仕事で忙しかったので無視するようになり、何よりも一緒にいるだけで疲れるので、徐々に距離を置いていきました。
    全く連絡をとらなくなって半年したころ「デザイナーで就職できたんだ」というメールをもらったのですが、その後の風のウワサでそのデザイナーという職種で就職した会社も3カ月ほどで自己都合で辞めたことを耳にしました。
    個人的には彼女の性格を知っていたので何の疑問も持ちませんでした。
    その後は某大手スポーツメーカーのアパレル部門の店員で就職していたようですが、結局東京の水に合わなかったのか、そこも数年で辞めて結局都落ちをしたという噂です。

    地元の私立大学に4年通って、上京してアパートに入って、文化に3年通い、卒業してもバイトだけでは食えない時期、それらの半分以上を御両親に支えてもらっていたと記憶しています。
    あれから、どれだけ彼女は自分の力でそれらを回収できたのだろう?と思うことがあります。

    結局何でも自分次第の使い様なんですよね。
    どんなに有名な大学に入っても、就職出来ない人はできない時代。
    Fランでも高卒でも、中小企業でもそこそこ優良な会社に入り人間関係にも恵まれ長く続けられる人もいる。
    起業、家業を継いで頑張る人もいる。
    勘の良い人であれば、途中で「学校はオプションでしかなく就職を斡旋してくれるところではない」ことに気づくし、この世における資本力の大きさにも気づくんですよね。
    彼女も文化に入る前に、それに気づいていれば。

    ついつい長文になりました。
    よいテキストを、ありがとうございます。

  • ym
    Posted at 01:00h, 25 April

    ②の
    >>あなたの人生なんて知りません。義理も人情もあったもんじゃない。と言うより教師に社会との繋がりが無いし、社会から逃げてきた教師ばかりなので外の世界に人脈が無いのだ。

    ↑の部分は膝を打ちます。
    いやいや、この傾向は専門学校だけに限らず、無名のFラン大とかにもありますから。
    学習塾なんかも同様ですよね。教えるのが上手い人もいることにはいますが・・・。
    結局自分の食いぶちは自分で掴むしかないのですよね。

  • 一方井 啓介
    Posted at 06:30h, 08 May

    こんばんわ、文化に進学を希望している高3生です、が、ここの記事を読んで少し不安になってきました。
    文化以外にもいろいろ学校を調べたのですが、どれもネットでの評判はあまりよくない気がします・・・・。
    そこ、質問なのですが、ファッションデザインをするならどこの学校にはいればいいのでしょうか?

    • 卒業生より
      Posted at 03:33h, 02 February

      どの業界でもどの学校に行ったらデザイナーになれるなんて約束してくれる学校はどこにもないと思います。例えば必ず有名建築家になれる学校なんてないでしょうし。
      私は在学中に大切な友達やよい人脈が出来たので通ってよかったと思っています。
      夢を諦めずにネガティブな意見に惑わされる事なく頑張ったらよい結果が出せるのではないでしょうか?
      不平不満を言うのは簡単です。またそういう人の意見に流されるのも簡単です。
      誰かに無理に通わされたならともかく自分が決断して入学したでしょうに残念ですね。
      何れにせよ私のまわりでまじめにやっててジャケットを作るのに1ヶ月もかかる人はいません。
      とてつもなく手がこんでいるなら別でしょうが。

    • Takanori
      Posted at 15:05h, 02 February

      過去の、有名デザイナーを数多く産んだ文化と今の文化は別のものと考えた方がいいです。ファッションデザインを勉強するならパリで学んだらどうでしょうか。

  • SY
    Posted at 21:40h, 08 May

    文化服装学院卒業生です。学校名だけは知られていますが、まさしくその通り。私の文化時代の友人知人はアパレルでキャリアを積んで稼いでますが(東京コレクションデザイナーも何人かいますが)。。。。悪い事は言いません、まだ他の道に行ける余地があるのならば大学に入ってもっと現実的な専攻にした方がよいと思います。文化はつぶしがききません。

    どうしても文化に行きたいのならば大学を卒業して数年働いてから入学するのが良いと思います。

    私は大学に入り直して勉強中です。学生時代は楽しかったけど、なんであの時大学に行く選択肢があったのに行かなかったのだろうと後悔していたり。

  • カブン
    Posted at 09:38h, 27 September

    文化服装学院で講師をしていた者です。課題がものすごく多く、1年の間に休学とか退学とかする学生がとても多かったです。それと、講師の扱いもひどく、過去に何度も組合沙汰になっており、私が知っているだけで不当解雇が少なくとも4件、更に、学院で働いている一部講師とドリコムという会社(講師派遣業)の間に業務委託契約という形式で契約を結ばせるという違法行為もしています。

  • 迷子
    Posted at 21:18h, 10 October

    やらされてるなんて!自分で時間作ってやるんだよ!
    学校業務もやることで社会勉強です。
    学園での生活をどう過ごすか活かすかによって決まってくるんです。
    自分の埋れた才能をみつける学生生活は、自分次第です。
    社会に出ては、誰も教えてくれません。
    私は、社会を経験して今、文化に居ます
    就職難だと言われてる中、みんな頑張っています
    あなたも文化に高い学費を払って卒業したなら、こんな書き込みは
    卒業生としてしてはいけないことだと思います
    これから、自分の才能をみつけようとしている子達の気持ちを踏み躙るようなコメントはしていけないと思います

  • 流通
    Posted at 09:59h, 06 November

    文化服装学院に現在通っているものです

    学院での生活はとても充実しており、楽しいです。

    現在卒業をしておらず1年生なので就職の事はわかりませんが、私は流通科に通っていて来年から5つのコースにわかれるのですが、やりたい事が明確になっていればその道へ進める可能性が大いにあると思います。

    現に先輩方もスタイリストや企画職などの就職が決まっていますし、流通科の事そかわかりませんが・・・

    ですが、流通科のわりに縫製はやりすぎな気がします
    流通科で1年間で4着も作る必要はあるのかな・・

    投稿者さんの時代とは少し違いますが、今でも多くの人が販売色としての就職をする事には変わりがありません

  • 前田加奈子
    Posted at 23:48h, 17 November

    初めまして。来年度、文化に進む予定の者です。これが生の声、一つの味方なのですね。とても参考になりました。私はパタンナー志望で入学を考えているのですが、パタンナーになる目標でこの学校に選ぶとしたら、この学校はその方面には向いていると思いますか?もしお時間ありましたらコメント頂けると嬉しいです。

    • Takanori
      Posted at 23:56h, 17 November

      パタンナーになるのでしたら、この学校は完璧です。きょう、ニューヨークで同じ文化卒の女の子に会いました。彼女は、東京でパタンナーを3年してニューヨークに渡米後→インターン→正社員→ビサのサポートまでゲットしました。縫製が好きな人にはいい学校だと思います。いいパタンナーになれると思います。

  • ズラ
    Posted at 14:30h, 22 December

    初めまして。記事拝見させて頂きました。また様々な方のコメントもためになりました。
    私は幼い頃から医者になるよう親に勉強をさせられてきました。私も医者に憧れ本気でなりたいと思って大学受験勉強をしていたのですが、体調を崩し、なんとか去年高校は卒業できたのですが、今は塾でバイトをしています。
    しかし、私はまた服が大好きで仕方がありません。中学の頃から医者の道を目指しつつも服飾の道も諦められずに悩んでいます。もともと手先は器用で、幼い時から自分で洋服のデザインを考えて描くのが好きで、趣味で、簡単なものしか作れませんが、服も作ったりしています。服飾の道に進むとしたらデザイナーかパタンナーになりたいです。どなたかアドバイスいただけると嬉しいです。

  • WordPressでブロクやって4年になる | takablo
    Posted at 03:08h, 17 July

    […] 文化服装学院 をすすめられない7つの理由(服飾の東大とか言わないでwww) […]

  • myu_ccc_888
    Posted at 06:00h, 21 July

    杉野服飾大学でも同じですよ。儲ける事しか考えていない。

  • 通りがかり
    Posted at 11:38h, 24 July

    こんなに息巻いてこき下ろすなんて、
    よっぽど学校へ依存してたってことなんでしょうね^^;
    同意の方々もあまりにも受身過ぎ。
    私も20代になってから入学、卒業しました。確かにたくさん縫わされるし書かれてることは
    間違ってないかもしれませんが、与えられるものをこなしてるだけでは、
    どこへいったって同じですよ。環境を生かすも殺すも自分次第。
    良くない環境だとしても絶対にそこからの学びはあるし、
    文句を言ってる暇があったら何かポジティブな前向きなことしますよ、自分なら。
    私は優等生ではありませんでした。でもたくさん遊んで人脈も広がったし、
    なんだかんだで今の仕事につながっています。
    (卒業後、バイト販売員→デザイン関係→ファッション誌→独立)
    多分筆者さんと年はそんなに変わらないと思いますが、
    普通にやる気で大手に入った子少なくないですよ。
    出版に行ってからも文化卒の子に何人も会いました。スタイリストとか。
    文化卒→文化出版という経歴の子もいました。
    ファッション誌の後、欧米で数年暮らしましたが、そこでも文化の子に会いました。
    その子はその後フランス人彼についていってパリに住み始めましたが、
    なんと服飾の技術が認められてプラダに就職しました。
    中途採用で大手商社の繊維部門に入ってる友達もいます。
    なんだかんだで日本では服飾専門なら文化が一番だと思います。
    良い、とは言いません。自分次第。
    ただ他の学校は文化には劣ると思うので。
    仕事始めてから他の服飾出身に会うことも多かったのですが
    話を聞くと文化のほうがマシだな、と(笑)

  • 文化服装学院 進学フェア にはいっちゃダメ |
    Posted at 06:13h, 08 August

    […] 績証明書を取りに行ったんだけど、良くも悪くもこのへんは懐かしいわ。何度も徹夜して洋服作ってたからね。文化服装学院 をすすめられない7つの理由(服飾の東大とか言わないでwww) […]

  • Eunice
    Posted at 22:13h, 23 April

    Hi Takablo
    I’m a 18 yr old girl from Taiwan (but living in Canada)
    I’m wanting to go to a fashion school, so I did some research and found out about Bunka Fashion College.
    I have a question…because my family have no money to support me to go to any colleges in NYC, Londom or Paris, those colleges tuition fee and living expense are just too expensive! :(

    So I am planning to apply for Bunka…and I am wondering how’s the employment rate for foreigner working in Japan in recent years?

    • Takablo
      Posted at 23:04h, 23 April

      Hi Eunice,
      Why don’t you go to the Fashion Institute of Technology in New York. You can also go to Bunka Fashion College, because you are so young! In addition, it could be a good experience for you to study in Japan. My Taiwanese friend in Bunka Fashion College got hired by Japanese company, World after she graduated from Bunka Fashion College. I think you can get job in Japan because you can speak English, Chinese and Japanese, right? I don’t know how is the employment rate for stranger working in Japan. Yet, you can do that and get a job in Japan if you love Japan.

      The most important thing is Which country do you want to work in after you finish college? I know that colleges in NYC, Londom or Paris, those colleges tuition fee and living expense are just too expensive! However the tuition of Bunka Fashion College and living cost in Tokyo are also expensive too, but not as expensive as college in NYC.

      I recommend you FIT which tuition is almost similar to Bunka Fashion College. Furthermore, you can do part-time job in NYC during student illegally. I believe that NYC is the sacred place of fashion!

      Thank you for coming takablo.com

  • そう
    Posted at 07:38h, 26 July

    何事も自分次第だと思います。あなたはデザイナーになりたくて文化に入ったの?それは「本気」だったの?
    私はあなたと同じ年に卒業した者ですが、アパデやアパ技や高専の友達でワールド、オンワード、ユニクロに企画やパタンナーで就職した子たちいますよ。あなたの狭いネットワークの中での話をしてもあまり参考にはならないんじゃないかな。
    でも、就職の手助けが手薄な事や、先生方に企業経験者が少ないのは私も思っていました。
    私も入学当初は絶対にデザイナーになりたい!!と思っていたけど、今はパタンナーをしています。それは自分の性格や適性をもって判断した道です。後悔はしていません。
    M田さん、あなたは高い授業料を払って過ごした3年間を濃密に有意義に過ごせなかったのでは?自分の後悔をネガティブな文章にして母校を語るのは悲しい気がします。長々とすみません。

  • koyuki
    Posted at 23:29h, 29 July

    こんにちは、私は、明日にマロニエというファッション専門学校か大阪文化服飾専門学校か、に願書だしますが、今も迷っています。
    でも、この記事を読んで、大阪文化のオープンキャンパスはKOBEcollectionにいけるなど美味しい行事ばかりで、生徒を釣っているんだなと少し思いました。
    私は大阪文化へ入学するならクリエイター学科に入りたいと思っています。でも、100名もいるクリエイター学科の自分が輝く確率なんて1%以外かもしれないと思っています。その理由の一つその上にスーパーデザイナーがいるからです。
    この記事を読んで、なにか大阪文化についていろいろわかった所がありました!ありがとうございます^^

  • ぬ5Qね
    Posted at 10:05h, 27 August

    これは文化学園大学もおなじでしょうか?

    • Takablo
      Posted at 14:36h, 27 August

      同じじゃないかなぁ…。元々「文化女子大学」だったのが、生徒をもっと集めるために共学の「文化学園大学」になったんでしょ。オイラのときはまだ女子大だった。こうなってくると、「文化学園大学」と「文化服装学院」の違いがわからない。世間体的に「大学」って名前の着いた方に行った方がいいかもね。

  • 渡辺(旧姓)
    Posted at 04:02h, 03 November

     初めまして。本日(2015’11/3)、30年ぶりで文化服装学院の文化祭に行ったので帰宅して懐かしの母校のことをネットで検索していてこちらに来ました。
     私もアパレルデザイン科出身で、母はその30年前の師範科OGです。
     昔と比べるのも変ですが、こちらのブログを拝見して驚きました。
     
    例えば「アパレルデザイン科でもファッションビジネス科でも学ぶものは1に縫製2に縫製3,4がなくて5に縫製だ。教師が縫製の学校を出た人しかいため当然か」とありますね。私は基礎科では嫌になる位縫製をやらされましたがアパレルデザイン科では、課題(今でも細目[さいもく]と呼ぶのかな?)で色々作りましたがメインはクロッキー(しまいには10秒で描く)やデッサン、素材学・服飾史・現役デザイナーや学者さん(中尾喜保先生のは毎週)の講義・ファッション・ショーの見学(バレンシアガのショーでは、オードリー・ヘップバーンさんを見ました)や歌舞伎の見学、基本は毎日デザイン画で作品を縫ったりパターンひくのは授業後か早朝に遠藤記念館7Fの廊下でやっていました。その後は生活費や学費・材料代のためのアルバイトをしていましたから。

     また「はっきり言って3年間の洋服を作るスキルではまだまだです。ジャケットを作るのに1ヶ月はかかります。」とありますが、在学中、ジャケットは1日で作ってしまい副担任に怒られたこともあります。
     
     「実際には15万円ほどするBunka×Brotherコラボのミシンを直線用ミシンとロックミシンの2台を半強制的に買わされ、その他にも文化出版局の教科書や雑誌「装苑」を1年生は強制定期購読させられます。」ともありますね。これは驚きました。私は当時3万円の家庭用ミシンしか持っていませんでしたから。教科書はしょうがないとして「装苑」は入学時の教科書セットに回数券みたいなチケットが入っていたので返金してもらいました。「装苑」は小学生になる前から読んでいたので自分で判断してそうしました。入学費以外は自活して全部自分で稼いだ金で家賃などと学費(特別に分割払いにしていただきました)などを支払っていたので、親のお金で暮らす学生が羨ましかったのを覚えています。

     最後に「1年の半分は 文化服装学院 の文化祭の準備の手伝いをやらされます。」とありますが、私は文化祭バザーのエプロンを作っただけです。

     ここで理解していただきたいのは、わざわざ貴方のブログにケチつける気は毛頭ありません。ただ30年ぶりに文化に行って驚いているジジイがいるというだけです。

     乱筆・乱文御容赦下さい。

  • 渡辺(旧姓)
    Posted at 05:03h, 03 November

     補足です。年寄りは書いている途中で忘れてしまうのでダメですね。
     私は文化服装学院には行っても行かなくてもいいと思います。行くのなら大学を卒業してからがベストかな?。
     大卒の同級生は新卒で某有名デザイナーのアシスタントになりました。私は新卒で研修期間は色々な部署(販売から生産管理など)をやらされ、本採用になって企画部員になりましたが、翌年入社した一般大卒の女性は基本給も昇進も私より早く、その現実に耐えられなかった同期は退社して行きました。中規模でそうですから大きな会社だと・・・。ただ、同級生でも優秀なのは大きな会社でデザイナーをやっており、そうでもない奴は同じ会社でもルートセールスの営業です。
     「こうだからこう」と決まっていないのが業界です。それを書くのを忘れておりました。
     それでは、お元気で。

    • Takablo
      Posted at 07:08h, 03 November

      大先輩からの貴重なアドバイス有難う御座います。なんだかんだ僕も文化服装学院好きですからね。文化祭の準備に夜まで友達と準備していたことを思い出します。

      ただ、これから文化服装学院に行こうと考えている若者は、30年前の文化と現在の文化の変化、アパレル業界の変化(誰も服を買わなくなった時代)などもふまえて検討して欲しいですね。

  • ぞう
    Posted at 05:48h, 10 November

    確かに1に縫製2に縫製。学校で師範を受けては実習時間に少し進めて家に帰って夜中まで課題。早く起きて学校へ行って朝、点検に出す。でも3にデザイン。4にパターンって服飾に関する色んなことを学んだし、実際、先生の話を夢中で書き留めたノートはデザイナーとして就職した今も役に立っています。文化の日々は辛くて忙しかったけど、充実していました。

    このページは在学当時に知り、先生方も管理人さんを知っていました。どのような生徒だったかお話してくれました。

    文化時代にはクラスメイトだったはずの子達が次々に挫折しクズになっていくのを何十と見てきました。自分の根性によると思います。現に信念をもって貫き通している当時の友人は何人も成功しています。

  • エプソン
    Posted at 06:08h, 10 November

    文化は服飾に関して与えるべき知識や技術は充分に与えてくれます。

    それを本気で努力して習得できなかったに過ぎないのではないですか?

    中途半端な人たちは在学中に挫折したり、卒業したはいいものの就職活動をしなかったがためにプー太郎になっていますが、20歳を超えた大人が先生の支援を待つ時点で先はないですね。自分の夢なら自分で動かなきゃいけないことに気付かず指を咥えたまま自分以外のせいにすることしかしない人たちを在学中にもたくさん見てきました。

    きっとあなたもその一部でしょう。

  • ブログのすすめ - Takablo
    Posted at 21:34h, 11 November

    […] バズらないけど、オイラも何回か記事がパズった経験がある。例えば、「文化服装学院をすすめられない7つの理由」なんか165 Like 194 Retweet だ。途中でドメイン変更したから本当はもっと […]

  • キイ
    Posted at 01:07h, 19 February

    こんにちは同じ文化の卒業生です。
    正直海外の企業にとって文化は有名ではなくただ普通の日本語学校と同じレベルと思います。さらに、海外の事務所は必死で学生募集しています。80%以上の学生は販売員なるのは事実です。留学生の方は大体就職出来ず帰国して、アパレルと関係ない仕事をしてやっています。
    進学したいの方はやはり国立の大学院の方が勧めです。

  • 文化服装学院 をすすめられない8つの理由 ( Bunka Fashion College ) | 今速☆ニュース!
    Posted at 14:02h, 05 March

    […] ない。 そんな時代だからファッション誌なんか読む人もどんどん減って、人々の興味はソーシャルメディアへ。 [引用元] 文化服装学院 をすすめられない8つの理由 ( Bunka Fashion College ) […]

  • おやじ
    Posted at 19:19h, 12 March

    ハア~・・・。
    息子4月から文服ですよ・・。
    お先真っ暗じゃないですか・・・。
    デサイナーになるって張り切ってますよ。
    奨学金使って・・・。
    もっと早くこの記事を見つけていれば・・・。
    どうしましょう(涙)

    • Takablo
      Posted at 05:08h, 13 March

      いや、日本の景気も少しだけ上向きなので、頑張ればきっとアパレルで仕事つかめますよ。奨学金を使って勉強するなんて偉い息子さんじゃないですか。個人的なおすすめは、文化服装学院で学んだ後、そのまま文化服装学院で教える講師になる道です。大きい学校だし、安定していると思います。もし可能なら、沈みゆく日本だけで頑張るんじゃなくて、海外に出てファッションを勉強して欲しいですね。

  • 高宮弓月
    Posted at 07:57h, 01 April

    大変丁寧で役に立つ記事でした!
    わたしは大学在学中に並行か
    大学卒業後(24)から服飾を学びたいと
    思ってます。
    大学院と専門学校では
    年齢制限で違いはありますか?
    服飾専門の広報の人には
    なるべく早い方がいいと言われダブルスクールお勧めされました。
    この記事を読む限りファッションを学ぶなら
    ダブルスクールより海外大学院の方がいいのですかね?
    是非経験者の方にお聞きしたいです。
    服飾業界のイメージでは
    就職する年齢が
    ネックになるのではと心配してます。
    海外では違うのかもしれませんが…。

    • Takablo
      Posted at 08:13h, 01 April

      現在大学生のようなので、大学を卒業することを優先に、ダブルスクールなどで夜間の服飾専門学校に行って、体験してみるといいかもしれません。そうしたら、将来どうしたらいいのか自ずと見えてくると思います。
      Thank you.

  • 渡辺青空
    Posted at 08:36h, 05 April

    今高1ですが、文化服装学院を目指そうと思っていたところ、このページを見て不安になりました。
    私の家は母子家庭なので、お金がかかるならば、諦めようかと考え始めています
    そこで質問させていただきたいのですが、卒業までに学校に納めるお金と、材料費にかかるだいたいのお金を合わせたら、いくらくらいになりますか?
    このページは、進路を決める上で学校のマイナスな点が書かれていて本格的に進路を決定する前に知れて良かったです。質問、答えていただければ嬉しいです!

    • Takablo
      Posted at 16:03h, 06 April

      文化服装学院 一年の学費合計をご覧になって下さい。
      http://www.bunka-fc.ac.jp/application/scholarship.html
      これプラス、ミシン・アイロン・作品に使う布などが必要なので、
      年間合計学費プラス10万円くらいじゃないでしょうか。
      ミシンやアイロン・副資材にこだわりだすと、高額になってしまうので、
      できるだけ安いものを買うか、学校で課題を終わらせましょう。

  • Anonymous
    Posted at 17:25h, 30 June

    私は今まで有名雑貨店を何店舗働きました。
    少しお洒落な娘さんがバイト後輩が来ました。
    以前はアパレルメーカーの販売をやっていました。
    何で雑貨店に来たの売り上げノルマうるさく、
    安月給なのに15万位手取りで4.5万も買わされる。
    お金は貯められないと嫌で辞めました。
    雑貨店超有名L店H店など自腹で買えはありません。
    で学校は文化服装学院 卒業生です。デザイナー志望だが無理だった
    その後文化服装学院の 卒業生です。

  • Anna
    Posted at 18:52h, 08 August

    文化卒業して今大手に勤めてるデザイナーですが、履歴書に文化って書かれてるだけで未だに贔屓されてるのも事実です。
    何を学ぶかより、文化の3年間耐え抜いた事に意味があると思います。

  • 井上
    Posted at 11:47h, 22 September

    夜分遅くに失礼します。
    とても興味深い記事でした。
    私は現在高校2年生です。
    将来はバイヤーかデザイナーをやりたいと思っていますがデザイナーはまだ自信が無いので気持ちとしてはバイヤーの方が大きいです。
    高校卒業してからはどこかで就職して学費を貯めて文化服装学院に進学するつもりです。
    今、バイヤーになるために専門学校では学べない英語と中国語とフランス語を独学で学び始めていて、進学するまでに語学力や服飾に役立つ資格をたくさんとるつもりです。
    やはり、縫製の多い文化に進学するべきではないのでしょうか、、?
    近々地元に文化の方がガイダンスをしに来られるのですがこれは質問したほうがいいなど何かあればお教えいただきたく思います。

    • Takablo
      Posted at 03:21h, 23 September

      井上くんの考えがしっかりしているので、アドバイスはできそうにないです。自分の信じる未知を突き進めば、バイヤーにでもデザイナーにでもなれるんじゃないでしょうか。応援しています。

  • Posted at 05:36h, 16 November

    アパデだからじゃん。アパ技と違って専門技術も身につかない中途半端な科だもんね。

  • 太郎
    Posted at 01:43h, 11 December

    今年で文化卒業で夢が叶いつつある学生が通ります。

    みんな学校のせいにしすぎ、自分の周りは芸能人のスタイリストとか雑誌専属のスタイリストとか夢叶えつつあるし、入ってみたらカリキュラムが気に入らないとかそんなの入学前に自分で調べることだって出来ただろうし何でもかんでも学校のせいにしすぎです。学費がどうとか、もう払っちゃったんだからあとは頑張るしかないじゃん笑 頑張ればなんとかなるでしょ、
    文句言う前に努力しろ

  • 首席さんへ
    Posted at 04:31h, 28 March

    私は文化服装学院と、そこで出来た友人のおかげで
    夢を叶えてアパレルデザイナーになりました。
    最初の会社は、3年次の担任に紹介されました。

    その会社で約6−7年働き、私のチーム予算で
    年間:数億円の売上を計上するまでに
    成長させて頂き、人生において良い経験になりました。

    というか、私だけではなく、選ばれた者だけとか
    ほんの一握りでもなく、友人のうち何人もが
    プロのデザイナーやスタイリストになりました。

    現在も国内外問わず、第一線で活躍している
    友人が何人も居ますし、先日も友人のショップが
    晴れてオープンしました。アパレルは決して死んでいません。

    もし頑張ってもデザイナーやプロになれないのは
    学校のせいではなく、明らかに本人の実力(努力)不足です。

    母校をディスるのは言論の自由なので構いませんが
    非常に不愉快な記事で、吐き気がしました。

    高い学費を払ってくれたのが、ご両親だとしたら
    やり切れないお気持ちでしょうね。