ブログ

お疲れ様です、今から11時までの5時間、アルバイトです、高級デリバリーマンのTakaです。10分だけブログ更新。

語学学校のクラスメイトで、40歳のイタリアミラノ在住、ロシア人がいるんだけど、最近彼と仲良くしている。

まだ知り合って1ヶ月くらいなんだけど、ロシアが独裁政治すぎたため、耐えられず、イタリアのミラノに移住したそうだ。彼はエンジニアとして、自分でビジネスをしている。

英語をしゃべっているときは、ロシア訛りなのか、すごくバカっぽくしゃべるんだけど、たぶん頭いいんだろうね。

そんな彼に「何のために働くのか」って今日聞かれて、オイラは働く予定もないので、適当に「金のために働く。金がないと何もできないだろ!」って答えたら、そのバカっぽくしゃべるロシア人の友達は「金のために働くな、好きなことのために働け」って反論してきたわ。

こいつ、ロシア訛りで、バカっぽくしゃべるよなぁって思ってたら、意外とまともなこと言うじゃないか!って驚いた!オイラは、基本的に語学学校の外国人の言うことは、日本人も含めて、話半分で聞いているんだけど、こいつはいいやつかもしれないなぁ。って思った。

昔、久瑠あさみ著「人生は “本当にやりたいこと” だけやれば必ずうまくいく」など多くの自己啓発本でやたらと言われていた「好きなことだけをやれ」「やりたいことだけをやれ」的な本をけっこう読んだから知っていたんだけど、このロシア訛りの友達、自然とその考えを身につけて今まで生きてきたんだなぁと感動した。

ロシアの独裁政治が嫌でイタリアのミラノにどんな手段を使ったのか知らないけど、移り住んでいるし、日本の企業とも昔一緒に仕事をしたり、日本に住んだり、自分の好きなことをすることによって、人生を楽しんでいるなぁって思った。

それとは真逆の生き方として「お金のために働く生き方」がまさに日本の働き方じゃない?お金のために毎日サービス残業するし、嫌いな上司との飲みに何時間でも付き合うし、5時間くらい上司の愚痴だけで酒が飲めるし、でも、そんな上司に「明日の休日、出勤できる?」って聞かれたら即答で「かしこまりました!」としか言えないし、奴隷だよな。社畜。

そーだ、こっちで新橋のサラリーマンみたいな、仕事終わりに上司と団体で飲みに行く光景、1度も見たことないわ。そーだわ。ちなみに、新橋のサラリーマンは、仕事終わりに同僚と飲みに行って、キャバクラかカラオケいくんだろ?4.5時間も毎日無駄に過ごして定年を迎えるの嫌だよね。

ニューヨークでは同僚と団体で頭にネクタイ巻いて飲みに行く光景を1度も見たことがない。場所と店にもよるけど、うちの客は、ほとんどがデート中のカップルばかりだわ。まじで。仕事が終わったら恋愛や家族モードに切り替えるのがニューヨーク。もちろんワーカホリックは自分から選んでストイックに働いているけど、そうでない人はOFFを楽しんでいるよね。では、出前もないので、英語の勉強するわ。