多国籍の料理を楽しめるのがニューヨークの醍醐味

仕事の前に友達と 1st Avenue の 11~13 Street あたりにあるベトナム料理を食べてきた。日本でもカップラーメンで食べたことのある「フォー」を1日目に、「春雨に具がのったようなの」を2日目に食べてきた。

あと、ベトナムコーヒーっていうめちゃくちゃ甘いコーヒーをそれぞれの日に飲んだ。ベトナムコーヒーってのはミルクや砂糖を個人の好みで加えたりできないんだ。何も言わなければアイスコーヒーだろうとホットコーヒーだろうと、練乳がたっぷり入った甘〜いコーヒーが出てくる。

最近ハワイに帰った友達に言われたのが、「ニューヨークは色んな国の料理が楽しめていいな。」だ。ハワイってパンケーキとかロコモコ?ばかりなのかな?ニューヨークて生活していたら、あまり意識することはなかったが、これからは、多国籍の料理を堪能できることに感謝して食べようと思う。

アメリカ人にとっておふくろの味とは?日本には「日本料理」があるように、アメリカには「アメリカ料理」というものがないのだ。アメリカ人が週に少なくとも3回は食べるハンバーガーでさえ、厳密には多分ドイツとかで生まれた食文化だ。(ググってみてね)

で、先月までルームメイトだった35歳オレゴン出身の白人に「オマエのおふくろの味って何だ?」と聞いてみたら、ブリトーやナチョスに代表されるメキシコ料理が彼の「おふくろの味」だそうだ。

彼曰く、「あれはメキシコ料理ではなく、メキシカンアメリカン料理」だそうだ。彼自身も毎日自炊するときに「メキシカン料理」をまるで日本人が米を炊いて味噌汁を作るように作っていたので、本当に「メキシカンアメリカン料理」が彼の味なのだ。

確かに、パークスロープのオイラが好きなメキシカン料理の店があるのだが、そこでは一切メキシコ人は働いておらず、白人の美男美女ばかりが働いていた。おそらく、ルームメイトと同じ考えの「メキシカンアメリカン料理」で育ったオーナーの店なのかもしれない。

てことは、これだけメキシコ料理が人気のアメリカでは、「メキシカンアメリカン料理」を「おふくろの味」として選択する家庭が多いのだろうか?それとも、移民の国アメリカではそれぞれの家庭の母親のチョイスによっておふくろの味が決まるのだろうか?イタリア系アメリカ人ならピザ・パスタに代表されるイタリア料理だし、ルームメイトの母親のように白人でもメキシコ料理を主に作るとメキシコ料理がおふくろの味だ。

てことで、ニューヨークでは、多国籍の食文化を堪能できていいし、その結果、「おふくろの味」にも色んな国の食文化が混ざり合っているという話でした。

Sent from my iPhone

インスタグラムの公開範囲をプライベートにした。
KITH ボックスロゴ Tシャツ Summer 2017

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Follow on Twetter !