レストラン旅行

ニューヨークではないんだけど、近くのニュージャージーにある「くら寿司」に妻が回転寿司を初体験したかったので、少し遠いけど行ってきました。

少し前までニューヨークにも回転寿司店が出来たり消えたりしていたけど、やはり、家賃の高いニューヨークでは、格安店はなかなか採算が取れなくて、例えば「吉野家」や「いきなりステーキ」みたいに失敗している。

飲食店をニューヨークに出店するなら、ゴーゴーカレーみたいに超小さな格安店舗で安いカレーを数多く提供するか、日本で提供しているの価格の倍以上の価格設定で、高級店っぽくするしかうまく行かないような気がする。

今回行った「くら寿司」は、できるだけ低価格で回転寿司を提供しようと思ったら、やはり、マンハッタンではなく、テナント料の安いニュージャージーってなったんだと思う。

「くら寿司」の感想は、回転寿司の体験ができるのでとても満足している。細かなことを言うと、寿司がにぎられていなくて、すべて押し寿司タイプだったこと。

働いている人に日本人は見当たらなかったし、若いアメリカ人ばかりが働いているところをみると、寿司はシャリを型に入れて作って、そこに刺し身を乗っけるだけ。だから、食べるときにネタが何度もポロリと落ちた。

マグロは鮮度が悪くて、色が変わっていたけど、その他のネタは問題ない。ただ、ネタの種類が少ない。

二人でお茶を頼んで、からあげと回転寿司22皿食べてタックスとチップを入れて合計$100だった。

現在ニューヨークで回転寿司を体験できる唯一の店なので、回転寿司を知らない人には一度は行った方がいいお店。

オイラは場所も悪いし、回転寿司で一人$50とか高すぎるので、もう行かない。