おはようございます、カツマーM田です。
勝間和代さんの『「有名人になる」ということ 』読みました。
いま、この本がバカ売れです!売れに売れている。
なぜか?それは、日本国民誰もが成功して有名人になりたいから。
成功して → 有名人になって → 金スマに出演して…
と、誰もが同じような夢を抱いているのではないでしょうか?
だから、この本がバカ売れなのだと思います。

芸能人になるという戦略

[quote style=”boxed”]自分をある商品ととらえて、その特徴を把握し、どのセグメントのどの顧客であれば受け入れられるのか。そして、どのチャネルと使ってどのようにアプローチすれば売れるのか。その仮説をつくり、計画 → 実行 → 検証 → 改善 のサイクルを繰り返して実行する。[/quote]
[quote style=”boxed”]確率が低い勝負であっても、それを繰り返し繰り返し行なっていれば、いつかは負ける確率が下がっていって、どこかで必ず勝てるのです。[/quote]
ただし、無駄打ちしてはダメ
[quote style=”boxed”]パチンコのようにむやみやたらに打っていても玉が減るばかり。「仕事仲間の役に立ちたい」「顧客に喜んでもらいたい」という視点が大切。[/quote]

Amazonレビュー

http://www.amazon.co.jp/
[quote style=”boxed”]これは面白いです。ありそうでなかった、というより書ける人が限られてますから。内容自体は、有名人でない我々でもなんとなく想像がつく範囲のことではあるのですが、やはり実体験を持った人からの話は説得力があります。[/quote]
[quote style=”boxed”]自分を商品としてとらえ有名人になることを選択。あのカツマーブームは自身が選択して仕掛けたのだとよく分かった。「有名人になる」という体験が出来る人は少ないだろう。ただ「有名人」の手前で止まっている人や勘違いしている人も多い。そういう人には自分に足らないものが分かるはずだ。[/quote]
[quote style=”boxed”]勝間さんの分析力+売れない悩みの生々しい感情の動き、実用書でもあり、暴露本のようでもある。この本は何らかのきっかけで有名人になったらどんなことが起きるのかを疑似体験できる貴重な本だと思いました。「有名人を目指す人」や「既に有名な人」(特にアンチファンがいるレベル)にとっては、役立つ心構えの書になるのではないでしょうか。[/quote]
[quote style=”boxed”]メリットは人脈・情報の広まり、多少失敗しても何度も打席に立たせてもらえる等。デメリットは 目先利益でなく長期的に協働できるビジネスパートナーを選ばないといけない、連載などで忙殺されるとブラッシュアップする時間とれない。[/quote]