公務員試験対策「文章理解」の授業がとても勉強になった。やはり、文章理解はブログを書くにも公務員試験を受験するにも生きて行く上でとても大切だ。問題の解き方や、ポイントのまとめノート。

1. 趣旨を把握する

趣旨は文章の始めか、最後に書かれてある。なるほど。
詳しくは

  1. 頭括型(初めに結論)
  2. 尾括型(最後に結論)
  3. 双括型(初めに結論、最後にもう1度結論)

つまり、本論は飛ばして文章の序論か結論部分に著者の趣旨があるので、公務員試験のように1問あたり3分で解いていく試験の場合は、文章1題あたり1000字を全て目で追っていくのではなく、飛ばし読みが重要。主語と述語の関係に注意しながら重要な1文を探しだせ。趣旨が見つかったら、文章はその繰り返し(同義)または対比・因果で構成されている。指示語・接続後・用語に注意しながら読んでいこう!

2. 趣旨を捉える手順

  1. 主語=「話題」、述語=「著者の意図」に気をつけながら、序論・結論部分を探してみる。(特に冒頭)
  2. 「文」単位で読んで行く。同義・対比・因果に気をつけながら「文」のつながりに注意。

3. 文章整序問題の解き方

    1. 文の先頭に立つ部分をまず選ぶ。選択肢が半分に絞れる。

文頭に、接続詞、指示語を持つ部分は先頭に立てない。

    1. 部分の連続関係を1つ自信のあるものを見つける。

前に文章がないと意味が成り立たない部分は先頭に立てない。
以上二つが見つかったら選択肢に目を通し回答を絞る。絞れなければ2を繰り返す。

4. 指示語・空欄補充問題の解き方

  1. 空欄を含む1文を読み、主語または述語どちらかを捉える。
  2. 文章の同型反復の性質を利用して1文ずつ上の文へと逆上り(下り)、空欄の内容の同型反復を探す。