京大NO1人気講師の「僕は君たちに武器を配りたい」を読みました。こんないい本よんだことないよ!はじめから終わりまで興味津々の内容。価格は1800円と高額ですが、京大の講義を1コマ受けるつもりで購入する価値あり!「2011年、これからの若者に読んで欲しい本TOP3に入る本」

非常で残酷な日本社会

なぜ、今勉強ブームなのか…?簿記やTOEICの試験に人気があるのか…?カツマーが流行るのか…?これらの現象を厳しく批判し、日本の現状と将来を鋭い洞察力で解説するところから始まる。これから日本に訪れる本当の資本主義とは何か。とにかく安いものが売れる。労働力も人件費の高い人より安い人を雇う。この本を読まないとこれから始まる本当の資本主義では生きていけない。あと、ブラック企業の見分け方なども説明されていた。あなたの会社は大丈夫か?

英会話の学習はレアジョブ!

本書で紹介されていたオンライン英会話スクール。月5000円で毎日25分スカイプを通じて英会話ができる。相手はフィリピンの超難関大学生。このサービス、オイラ知らなかった。ぜひ使ってみたい。→ レアジョブ
[amazonjs asin=”4062170663″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”僕は君たちに武器を配りたい”]