先週、友人のご両親が経営している中華料理屋さん「珍膳坊」に行ってきたので紹介しておこう!とにかく旨い店だよ。

珍膳坊について

大学時代の友人のご両親が経営している中華料理屋さん。一家は中国人で日本に帰化していない。お店のスタッフは全員中国人。本格的な中華料理が味わえるお店。ご両親は中国から日本に来て、日本のホテルで厳しい下積みを経て独立。平井に1号店をオープンさせる。2号店も近くにある。オーナーは基本的に毎日厨房に立っているが、日本語はほとんど話せない。私もいつもコミュニケーションが取れないので困っている。

「珍膳坊」四川料理、北京料理
〒132-0035 東京都江戸川区平井1-7-7 ノヨネフィル平井1F
03-3636-0488

予算は割と高め

日本人の考えるお昼の中華セットも一応メニューにあるが、基本的に一皿¥800の単品の料理を数点注文するスタイルなので。定食屋ではない。本格的な中華料理屋と思って入ったほうがいい。私が友人と食べるときは、もうこれ以上食べたら死んじゃうってくらい食べている。大体2人で¥8,000。お酒は二人とも飲みません。

おすすめの料理

注文は友人に任せているが、個人的に好きな料理が「ピータン」に始まり「ラム肉の串焼き」「豚足」「スペアリブ」「小龍包」「エビチリ」は毎回かならず食べる。あとは息子さんに全て任せる。ここだけの話、ラーメンは頼んじゃだめだよ!そこまで旨くないから。私たちもラーメンは頼まない。

まとめ

さすが商売人の子。遊ぶときはいつも実家に呼んで食事をさせる。オイラにこれでもか!ってくらい食べさせ1,000円でも高く売上を上げようとする。