ブログ

まだまだ2014年「腹六分ダイエット」を始めたばかりですが、このダイエットに欠かせない食べ物、それが「ベーグル」。ニューヨークに来てから米を食べることを止めたオイラにとってベーグルが主食だ。

ベーグルは脂質も極めて少ないしその他の栄養素を見ても、ベーグル1つでごはん1杯って計算でいいと思う。ごはんと違って、ベーグルはニューヨークではそこらじゅうで手に入るし、1つ1ドルくらいで買えて、持ち運びに便利でいつでもさっと食べられるから便利。

よって、今回のダイエットではこのベーグルをたくさん食べることになる。朝ごはんではベーグル1つを丸々食べて、それ以降は半分づつ食べていこうかな。それでも1日に3つのベーグルを食べることになる。何度も言うけど、大切なのは食べ過ぎないこと。どんなにヘルシーな食べ物でも、食べ過ぎると脂肪として体に蓄積されるからね。

「3時間おきにたべる」これが今回のダイエットのポイント。3時間おきに食べるから「腹六分」も辛抱できるし、辛抱しないと、3時間おきにお腹いっぱいに食べていたらデブになる。

3時間おきに脳みそへ栄養素を送り続けることによって、ドカ食いを防げる。例えば、喫煙者も3時間おきにタバコを吸うでしょ。脳みそってわがままなの。常に何かで満たされたい。だから、3時間おきに脳みそへ栄養素を送り続けて、脳みそを満足させてあげないと、ドカ食いしちゃう。上手く脳みそ(食欲)をコントロールし、無理なく痩せよう。

  • 3時間おきに脳みそへ栄養素を送り続ける
  • ベーグルを少し(半分)づつ食べる
  • 食欲をコントロールする
  • 腹六分で食べるのを止める