グッゲンハイム 美術館に行ってきました。

グッゲンハイム 美術館に行ってきました。

ニューヨーク観光の友達に連れられて、グッゲンハイム美術館に行ってきました。人は$25も払ってなぜ美術館に入るのでしょう?観光やアート専攻の学生でもない限り行く人の気が知れません。オンラインで鑑賞しちゃダメなのでしょうか?さらに、グッゲンハイム美術館は、ニューヨークの他の美術館と比べると、展示数が少ない割に高額な美術館です。

毎週土曜の5:45以降は、格安$1チケットをゲットだぜ!

ただ、毎週土曜日の 5:45–7:15 pm の間にチケットを買えば、$1ドルでも問題なさそうだ(ホームページでは$10推奨)。5:15 pm から整列開始と書かれているので、おそらくかなり並ぶし、人が多すぎて美術鑑賞にならないかもしれない。それでも安く観たいという人におすすめ!詳細 >>

グッゲンハイム に行く前にマルチメディアガイドをダウンロード!

$25の高い入館料を払って、さらに音声ガイドにお金を支払いたくないよね。館内ではなぜかみんなiPhoneを観ているんだ。何でだろう?と思ったら、実は、グッゲンハイム美術館では無料で音声ガイドが利用できるのだ!無料なら使わない手はない。音声ガイド無しの美術鑑賞なんてなんのこっちゃ理解に苦しむだろう。無料のマルチメディアガイドは受付でパスポート以外の写真付きIDと引き換えに貸し出しているそうだ。観光客にはパスポート以外の写真付きIDは持っていないかもしれないので、行く前にグッゲンハイムのアプリをダウンロードすることをすすめる。Guggenheim App >>

毎日午後2時から無料ツアーガイド!

どうせ$25も高いお金を出すのなら、無料マルチメディアガイドも使って、午後の2時から毎日やっている無料のツアーガイドも使うといいでしょう。オイラは使っていないから、なんとも言えないが、なんか特設展示系のガイドをしてくれるっぽいっす。詳細 >>

グッゲンハイム は、1959年フランク・ロイド・ライトによる建築

この近代的な建築物は、1959年にフランク・ロイド・ライトによって建てられたそうだ。ぐるぐると螺旋状に階段を使わずに上に登っていける。表参道ヒルズを想像してもらえばわかりやすいだろう。安藤忠雄もここから表参道ヒルズのヒントを貰ったのかもしれない。

以上、グッゲンハイム美術館は、土曜の夕方は安く観られるよ!マルチメディアガイドは無料だよ!午後2時から無料のツアーガイドやってるよ!建築物がすごいよ!ってブログでした。最後に、いくつかオイラの撮影した作品を観ながらお別れです。商用利用でない限り、カメラの撮影は許されているので、Takablo読者のために常設の作品全部撮ってくればよかったね。

Solomon R. Guggenheim Museum

グラマシーで見つけた24hオープンのフランス料理のレストラン L'Express
一度は行くといいよ、 ヴァネッサズ ダンプリング ハウス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Follow on Twetter !
Tags:
, ,
No Comments