イスラム教と男と女

ウチの大学には全身を黒い布(ブルカ、ニカブ、へシャブ)に覆った、目だけしか見えないクラスメイトの女の子が数人いる。かなり厳粛なイスラム教徒(ムスリム)だと思われる。

isuram niqab

そんな彼女たちに、クラスメイトだから話しかけてみたら、オイラが話したあと、席を立って、後ろの方に去っていった。

日本では、男女が友人として肩を並べて話しながら歩くのが普通でも、イスラームの国では、人目を引く光景となり、”はしたない”、”ふたりは、関係がある”と思われてもおかしくありません。islamjp.com

ニカブ

islam niqab

以前、少しだけその全身を布で覆った女性グループとは話したことがあったんだけど、最近は彼女たちがオイラから距離を置いて座るようになってて、嫌われているのかな?って思ってたころなんだけど、やっぱり軽々しく彼女たちに話しかけてはいけないようだ。

そして、昨日、久しぶりにその中の1人の女の子が近くに座ったかと思ったら、この有様だろ。

オイラがただ、彼女たちに嫌われていのならそれはそれでいい。もし、宗教的な問題だとしたら、男性はあまり彼女たちに軽々しく話しかけない方がよさそうだ。失礼なこと、相手に嫌な思いそさせたのかもしれない。

彼女たちはイスラム教徒。この国ではお互いの宗教を理解するとが大切。

ただ、個人的な意見としては、ニューヨークに来てまでそんな目だけしか表に出さない装いじゃ、誰だかわからないし、怖いし、その布をとってほしいわ。

マンハッタンではあまり見たことなかったけど、このブルックリンのキャンパス内には、そんな全身を真っ黒な布で覆った生徒がたーくさんいる。図書館の非常階段でお祈りをするグループもいる。

一部のイスラム教徒グループは、未だに男女差別が残っているし、女に教育はいらないって考えのグループもあるし、女子どもは虫けら同然の様に扱い、にいきなりテロアックするひどいブループもあるんだ。

I am Malala: The Girl Who Stood Up for Education and Was Shot by the Taliban I am Malala: The Girl Who Stood Up for Education and Was Shot by the Taliban
Malala Yousafzai Christina LambPhoenix (an Imprint of The Orion Publishing Group Ltd ) 2014-10-09
売り上げランキング : 1367Amazonで詳しく見る

マララの本を読むと、彼女たちの価値観とか宗教観がよく理解できる。オススメ

あれから1年、ニューヨークでの骨折を振り返る。
Chavelas Mexican Restaurant Brooklyn

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Follow on Twetter !