スターバックスコーヒー表参道

アメリカ留学まで残り3日

語学留学なんて “アメリカ留学” と言えないことは百も承知、おはようございます。ハッピーしてますか? @タカポン です。きょうは “アメリカ英語学習” まであと3日、現在の心境を日記にする。ちなみに、これからのブログのスタイルは、”朝イチに15分くらいでスタバにて記録する日記” スタイルでいくもりでいるので “つまんねー” と思ったら購読解除よろしくお願いします。

まぁ、昨日の日記にもあったけど、妹と話し合ったのは “アメリカに留学したところで英語はしゃべれない、帰ってきたら自動販売機にカンカンを詰める仕事か運送業かコンビニで働こうね。” ってことで話は落ち着いた。…ってオイッ!って普通はツッコむと思うんだ。その仕事英語いらねーし、そういう仕事に失礼だ。しかし、”大学病院で働く自立した女性である妹” VS “おらニート代表29歳” だろ、意見できるわけがない。素直に聞いていた。つまり、”お兄ちゃんはどーせ英語を話せない” ってことを言いたいんだ。

でもね、今こそ日本を出るチャンスだなってイカレポンチのオイラは思ったわけですよ。小学6年生のときにニューヨークへ行ったときから、“必ずニューヨークへ戻ろう” と、心に決めていたし、大学のときに年収5億の女性に「一流になりたければニューヨークに行かないとダメ。」「”童貞” と “一人で海外に行ったことのない男” はひと目で分かる。」と衝撃的なアドバイスがずーっと頭から離れなかった。やっぱり30歳になろうと40歳になろうと行くしかないんですよ。ほとんどの人は “あのとき留学しておけば良かった” ってず〜っと後悔している。

で、そんなこと言ってたら妹から突っ込まれたわ…「自分の金で行け!」と。「うぃーっす。」おっしゃるとおりです。何も言えねぇ。しかしだな…「ゴッホだって生涯弟のテオに援助してもらっているんだよ。」なんてことは口が裂けても言えねぇ。まぁ、みんなオレのことを心配してくれているんだ。ラストチャンスとおもって本気でその期待に答えるしかねぇ。アメリカへ行かせてくれる両親に感謝感謝。ワカチコワカチコ、以上。

渡米中は 日本語ブログ や twitter などを読まないようにする
"29歳からアメリカに英語を勉強しに行く" って言ったらアホか?と

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Follow on Twetter !