アメリカ留学で幸せになれる方法とは?

アメリカ留学で幸せになれる方法とは?

アメリカ留学している日本人が手っ取り早くアメリカで幸せになれる方法とは…?(以下のリポートは気分を害する人もいるかもしれないので、話半分で聞き流してほしい。)

ズバリ、既に日本でかなり成功していて、そのままアメリカでビザが出て働ける、または、ビジネスを始められるようなデキる日本人を除いて、男も女も結婚しかないと思う。

結婚して、ようやくアメリカ人としてスタートラインに立てるんだよね。外国人のままだと、ビザキープのためだとか、色々と苦労するから、ハンディーキャップが半端ない。

ただ、男性の場合は、女のビジネスである “結婚” でビザを手に入れて人生を変えたって話は、滅多に聞かないし、難しい。なぜなら、若い女はあそこに甘い蜜を持っているから、勝手に何百もの男が寄ってくるのに対して、金の無い若い男は世間ではゴキブリ以下の扱いを受けるからだ。

こっちで幸せになっている日本人男性の大半は、既に日本でもバリバリ成功していて、アメリカで新たに挑戦する日本人男性ってパターンが多い。でなければ、大手企業の駐在員だね。

オイラの知っている限りでは、アメリカ人と結婚してグリーンカードを手に入れた日本男児は、日本在住中にアメリカ人と結婚したオイラの友達のI田氏と、ニューヨークでゲイ結婚をした友達の2件しか聞いたことがない。それに比べて、日本人女性でアメリカ人と結婚して人生を変えた話は既に1000件以上報告が寄せられている。

そうだ、日本男児よ、日本人女性を見習って、アメリカ人女性と結婚できるもんなら、結婚して、人生を変えようではないか!

オイラの周りの日本人は、5年も10年もビザキープのために語学学校に無駄なお金と時間を費やしながら生活している人が多い。

オイラも、ニューヨークに来て早4年が経った。色んな日本人を見てきて、一体誰が他力本願で幸せになっているのかを、レストランのアルバイトをしながら、日本人を観察していて今回の考察に至った。もちろん、ゼロからニューヨークでスタートして、自力でジョブハンティングして、会社からビザを出してもらった人も見てきたが、極々少数派なので、今回は無視する。

先ず、最初に幸せになれるタイプは、ズバリ、ニューヨークで事業を立ち上げたデキる日本人男性と結婚した日本人女性だと思う。旦那さんの駐在に付き合っている駐在妻とかもこの部類に入る。

ほぼ皆が専業主婦をしており、何人かは旦那の力を借りて、趣味でビジネスを始めたりと、悠々自適に暮らしている。彼女たちがレストランに集まると、ニューヨークの場の雰囲気を一気に恵比寿や代官山に変えてしまう力を持っている。

次に幸せになっている日本人は、まじめに仕事をしていて、浮気をしない白人男性と運良く結婚できて、ミックスの子どもができて、白人社会の仲間入りを果たし、今でも仲良く結婚生活を継続している日本人女性。

ただ、怒られるかもしれないけど、今まで出会った国際結婚でグリーンカードを手に入れた日本人女性の98%が潜在的に将来離婚する可能性を持っているという厳しい事実にも目を向けないといけない。

全体的に黒人男性と国際結婚する日本人女性が多いのもあるけど、彼女たちのほぼ全員が離婚している。なぜだろう?恋愛先進国のニューヨークでは1度や2度の離婚なんて当たり前なのだ。

それでも、女性の場合は、一度結婚を勝ち取ってしまえば、旦那の財産の半分はあなたのものだし、グリーンカーも手に入るし、失うものなど無いし、怖いものなど全く無いのだ!

まとめると、男も女も離婚しようがしまいが、結婚して、グリーンカードをとることがアメリカでの幸せの第一歩なのかもしれない。

女の幸せと結婚と年齢
怒る人 怒らない人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Follow on Twetter !
Tags:
No Comments