お昼から六本木で一発目の面接を受けて次の面接まで4時間時間が開くので、家に戻ってブログで反省会。きょうの面接は面白かった。色々と話していて結局オイラに言われたのは[unordered_list style=”green-dot”]

  • 面接慣れしていない
  • こんな面接じゃ何社受けても駄目だ
  • 自分をうまく表現できていない
  • 素直な気持ちが足りない
  • 採用は無理だ
  • 人間としては好きだ
  • 何とか助けになってあげたい

[/unordered_list]と色んなアドバイスを受けた。オブラートに包むことをしない会社だなぁと思ったよ。普通面接ってドライにダメな人には「はい、次!お疲れ様でした。」でいいのに、色んなアドバイスをもらった。感謝している。結局大事なのは第一印象だと思う。
今回の面接では試験管は3人いて中央と右の方は「不採用」の意志を面接の場で直接伝えてきた。左の人は「採用したい。」って言ってくれた。結局は第一印象と話し方が大切なんだと思う。第一印象では「こいつと一緒に働きたいか?」「人間として好きなタイプか?」が問われているんだと思う。そして、話し方を観て「その人の性格」を分析するんだと思う。ひとりの面接官がオイラに足りない部分を[unordered_list style=”green-dot”]

  • 自分をうまく表現すること
  • 素直に人の話を聞くこと

[/unordered_list]とアドバイスしてくれた。きょねんも専門学校の先生に第一印象では「変なやつだと思った。しかし、タカポンは人の話を聞くようになったよな。」と言われた。(自分ではあの時とそんなに変わっていない…)自分でも人の話は素直に聞き、受け入れて、自分を変えるように日頃から努力している。それでも第一印象としてのオイラの印象は、頑固で、自分が100%正しいと思っている変な人間に写っているようだ。
人によってタカポンに好感を持つ人もいるが、おそらくタカポンは第一印象ではマイナス200点くらいからスタートしている。実際に人間として付き合うとそんなこともないんだろうが、とにかくオイラは癖のある人間に写っているようだ。そこで、自分をうまく表現し、素直さを表に出せるように心がけたい。あと3時間後の面接ではそう心がける。